2015年09月30日

カイロプラクティックとは?

カイロプラクティック

カイロプラクティック 「Chiropractic」 とは1895年アメリカのパーマーにより創られた手技です。



カイロプラクティックの呼称は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技術」を意味する新しく作られた言葉です。



世界保健機関(WHO)では補完代替医療として位置づけています。



発明国アメリカや、イギリス、EU諸国などの一部の国(約40カ国)では、主に筋・骨格系の障害を扱う背骨・骨盤の専門職として法制化されています。



(WHO)世界保健機関の定義は「筋肉系・骨格系の障害とそれがあたえる健康への影響を診断、治療、予防する専門職です。



治療方法としては、手技によるアジャストあるいは脊椎マニピュレーションを特色としてサブラクセーションに注目している」。



但し、「カイロプラクティック」 (Chiropractic) の定義は、様々な協会や学校によって違っている時も多く見られます。



中には疾病症状要因が背骨などの椎骨(運動分節)の構造的、機能的な異常(サブラクセーション)だと考え、そしてその異常(サブラクセーション)を手技・器具により正す位置に矯正することで痛みや痺れを施術することがカイロプラクティック Chiropractic と考える人々もいます。

整体

整体

整体

整体

整体



整体(せいたい)は日本語では一般的に手技(しゅぎ)をもちいた民間療法、代替医療(だいたいいりょう)を表す言葉です。



カイロプラクティック

また肉体を整える施術(せじゅつ)の多くについて使われる言葉です。

Blog




「整体(せいたい)」って何?

「整体(せいたい)」って何?



日本語として、大正時代に利用され始めた語句で、アメリカで誕生した療法・オステオパシー(整骨医学)を「整体(せいたい)」と言い換えたのが始まりのようです。



「整体」について…



現在普通にもちいられる意味では、カイロプラクティック Chiropractic に似ている骨格矯正法(主に脊椎)を目的とした療法を指して使われるケースがおおい。

Blog




「整体(せいたい)」について考えよう

「整体(せいたい)」について考えよう



脊椎・骨盤・肩甲骨・四肢(上肢・下肢)など、肉体全体の骨格や関節の歪みの調整、骨格筋の調整を、手を使った手技療法と調整器具で行う施術およびその方法を示しているという人もいるが統一された形態はない。

Blog




整体について…



徒手的治療法によりいろいろな病状を治すことを目指す施術法は「マニピュレーション」と称されるが、この代表的なものが「カイロプラクティック」・「オステオパシー」です。

治癒力(ちゆりょく)を高めることと手技が治療の中心であるという似た部分があるが、治療哲学や着手方法の方法は異なります。

カイロプラクティック



整体(せいたい)で、知ってること

整体(せいたい)で、知ってること



どちらも19世紀後半にアメリカ(米国)で生まれた施術方法である。

カイロプラクティック(背骨矯正療法)は脊椎関節の「サブラクセーション」(亜脱臼、不全脱臼)を手技で矯正アジャストメントして、身体機能を改善しようとする療法(りょうほう)

カイロプラクティック

オステオパシーは肉体の骨格のアンバランスは血液の循環んに悪い影響をおよぼし、神経の伝達や内分泌、血液の循環んを妨げると考え、脊柱だけでなくすべての筋繊維や骨格構造、内臓諸器官、頭蓋骨が治療法の対象となります。



カイロプラクティック

脳髄液の循環の回復やリンパの流れの回復も目的とされています。

カイロプラクティック(Chiropractic) や「オステオパシー」の論理・技法は整体(せいたい)指圧(しあつ)といった日本の徒手矯正療法に影響を与えた。

カイロプラクティック



「整体」を知ろう!

「整体」を知ろう!

「整体」を知ろう!



整体ではお決まりのやり方はなく人によってする事は違います。

大正時代に伝えられた「オステオパシー」やカイロプラクティック(脊椎指圧療法)などの欧米伝来の矯正法を主とする整体、日本古来の格闘技の柔術や骨法などの流派に伝承される徒手矯正を用いた整体(せいたい)、中国医学の徒手矯正を取り入れた整体(せいたい)、各団体の独自の施術方法などを加えた整体など存在するといわれています。

カイロプラクティック



整体とは



民間療法で、医療の制度から見て補完代替医療の一種であるが、保険の適応外ですので、一般の医療と一緒に病院で治療として利用されることはない。

法制度からは医業類似行為の一つとされます。

「整体術」・「整体法」「整体療法(せいたいりょうほう)」 ともいわれる静岡県浜松市西区のカイロプラクティック・整体明治に出現した民間療法で、指圧、「カイロプラクティック」 Chiropractic 、オステオパシー、光線療法、電気治療などの方法を用いて病気治療の目的で業をなすことを「療術(りょうじゅつ)」と言うが、整体(せいたい)もこの一種とされています 。



整体って何だろう?

整体って何だろう?

整体って何だろう?

整体って何だろう?



整体(せいたい)は論理・術が統一されていないため、整体を冠する治療家個人が、独自の説を語っている。



整体について考えよう

整体について考えよう

整体について考えよう

整体について考えよう



カイロプラクティック(脊椎矯正法)のような科学的・物理的治療と、中国医学・漢方医学の経絡理論・通常の医療でときどきに使われる「内臓体壁反射」などの理論の集合形となっています。



「整体(せいたい)」



肉体の各関節(背骨(せぼね)・骨盤(こつばん)・肩甲骨・四肢・顎関節等)の歪み(ゆがみ)・ズレの調整と骨格筋のバランスの調整など中心に手を使った矯正方法で行う施術です。





腰痛とは?。


腰痛(ようつう)とは、腰の周辺に疼痛炎症などを感じ取る様態を指し示す用語。


NO.2
世界の腰痛事情。


国・地域で行政や学会の政策、文化や暮らし暮らし暮らし暮らしや仕来たり仕来たり仕来たり仕来たりが異なっても、腰部(ようぶ)の疼痛の発症する割合は発症する割合は発症する割合は発症する割合は、おおよそ変わりないの変わりないの変わりないの変わりないのである。

(WHO)世界保健機関の報告で報告で報告ででは、次項のように次項のように次項のように評されている評されている評されている。


「腰部の疾病腰部の疾病腰部の疾病の発症する確立発症する確立発症する確立や有病率はそれぞれの国それぞれの国それぞれの国のあらゆる場所であらゆる場所でほぼ変わりないのである変わりないのである。


腰部(ようぶ)の疼痛は世界中で仕事を休む仕事を休む理由理由のナンバー1」。


NO.3
姿勢による腰痛の予防。


腰(こし)の疾患の症状の原因は日常の姿勢に起因するとの昭和51年のナッケムソンの指摘以降、ヨーロッパでは就労中・炊事洗濯中などの予防対策が行われている。



神経学的診察神経学的診察神経学的診察
脊柱脊柱脊柱、脊髄の疾患脊髄の疾患脊髄の疾患が推察推察推察された時時時は神経学の検査神経学の検査神経学の検査の経験経験を利用して利用して解剖学的な診断解剖学的な診断や画像診断をやってみる必要性が必要性があるようです。


下肢へ放散痛が観られる時では椎間板異常の疑いがでてくる。

椎間板障害は90パーセントほどががL4/L5椎間板かL5/S1椎間板に発症するということです。


脊髄の解剖学的な特性から腰椎4番・腰椎5番椎間板の障害原因であればL5のみの症状かL5とS1の症状が考えられ、L5/S1椎間板の異常S1のみの症状となり.ます。


異常神経根を調べるには知覚、筋力、反射らを検査する必用があります。


No.53
反射
膝蓋腱反射。

腰椎4番腰椎4番神経根が関係している関係している。

これが機能低下すれば機能低下すれば腰椎4番神経腰椎4番神経障害などを疑う疑う。


アキレス腱反射。

S1神経根が関わっている。


これが機能低下すればS1機能障害を可能性を疑う。


No.54
知覚知覚知覚知覚
L4、脛骨脛骨脛骨脛骨(スネ)の内側。


腰椎5番腰椎5番腰椎5番腰椎5番、脛骨稜(すね)の外側。


第1指と第2指の間。


S1。

足裏足裏足裏、外くるぶし外くるぶし外くるぶしの下。


No.55
筋力筋力
腰椎4番腰椎4番、足首関節足首関節の内反と背屈。


腰椎5番:足の指の背屈。


S1、足首の関節の外反と底屈、足趾底屈。


このような神経学診断で解剖学的判断を行うことができるようになります。


さらに定性的な診察方法としては根症状をみる誘発診断なども利用できます。

すごく有名なのがラセーグ徴候(SLRテスト)と呼ばれるもので仰臥位(ぎょうがい)の状態で膝を伸展した状態にして下肢を上げる。


殿部から膝の下膝の下に疼痛疼痛を発現したら発現したら腰椎5番腰椎5番,仙骨1番仙骨1番の神経根症状あり神経根症状ありということになる。

持ち上げた持ち上げた脚の反対の方が痛むことがありクロスSLRと言われています。


FNSテストといわれているものもありうつぶせの姿勢で膝の関節を曲げて脚を持ちあげる検査方法。


L3,L4の神経根が影響されていると大腿部前面に疼痛が走る。


posted by 猫論出 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック