2014年10月27日

<インタビュー>映画「私の男」でタブーに挑んだ浅野忠信(聯合ニュース)

<インタビュー>映画「私の男」でタブーに挑んだ浅野忠信(聯合ニュース)

インタビューを見て直感的に興味が湧きました。
しかし、タブーの情報については、再確認をしておいた方が良さそうだと思います。
いかにも、ベテランは、とてもすごいと思います。
なお、やはり熊切和嘉監督に関する話題は、引用する価値のある話題だと思います。
さらに気になったのですが、果たしてインタビューとタブーには相関性があるのでしょうか。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141006-00000029-yonh-movi




<インタビュー>映画「私の男」でタブーに挑んだ浅野忠信
聯合ニュース 10月6日(月)13時34分配信



//windowPopup
function popWindow(pUr…inOption);
}
document.write('\
\
\
\
\
\
\
');







…本だけでなくハリウッドなどでも活躍する日本のベテラン俳優だ。
 侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督の「珈琲時光」(2003年)では古書店を経営する物静かな男を、「モンゴル」(2007年)では優れた戦士を…係に陥る。やがて二人の秘密が周囲にばれると、淳悟と花は北海道を去り東京で暮らすようになる。
 同作は釜山国際映画祭の「アジア映画の窓」部門に出品された。
 12年ぶりに映画祭を訪れた浅野さんは3日、釜…とし、「津波を経験してから(日本人には)トラウマができた。そうしたトラウマは十分考えてみることのできる問題だろう」と語った。
 浅野さんは役者にとどまらず、さまざまな分野で活躍している。パンクバンドを…
続きを読む
posted by 猫論出 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック