2015年09月30日

カイロプラクティックって何だろう?

カイロプラクティック

カイロプラクティックは、1895年に米国のD.D.パーマー により創られた手技です。



名称は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技術」を意味する新しく作られた言葉。



世界保健機関(WHO)では補完代替医療として位置づけている。



発明国アメリカや、ヨーロッパなどの一部の国(約40カ国)は主に筋肉・骨格の障害を取り扱う筋肉系・骨格系健康管理の専門家として法制化されている国もあります。



世界保健機関の定義では、「筋肉・骨格の障害とそれが及ぼす健康への影響を診断・治療・予防する専門職です。



治療法として手技によるアジャストメントあるいは背骨マニピュレーションを特色として特にサブラクセーションに注目している」。



カイロプラクティック(Chiropractic) の定義は、様々な協会や学校によって違う場合も多いようです。



また、中には疾病の元が脊椎などの骨の構造的、機能的なズレ(サブラクセーション)にあると考え、そしてその歪み(サブラクセーション)を手・矯正器具で矯正することで苦痛を治すことが「カイロプラクティック」 Chiropractic と考えている人がいます。

整体

整体(せいたい)で、知らないこと



整体(せいたい)とは、日本では普通手技(しゅぎ)をもちいた民間療法、代替医療を指す言葉。



カイロプラクティック

また、身体を整える療法の多くについてもちいられる。

Blog




整体で、知らないこと

整体で、知らないこと

整体で、知らないこと

整体で、知らないこと



日本語として大正時代に利用され始めた語句で米国で体系づけられた療法・オステオパシー(整骨医学)を整体と言い換えたのが始まりのようです。



整体(せいたい)クとは



今、普通に使用される意味では、カイロプラクティック(脊椎矯正療法)に似た骨格矯正法(主に背骨)を目的とした治療を指してもちいられる場合が多い。

Blog




整体(せいたい)って何だろう?

整体(せいたい)って何だろう?



脊椎・骨盤・四肢(上肢・下肢)など、肉体全体の骨格や関節のズレの調整、筋肉の調整などを、手を使った手技療法と調整器具でおこなう施術及びそれらの方法を指しているという意見もあるが統一された体系はない。

Blog




整体ってどんなもの?



徒手的治療法により様々な症状を改善することを目的とする治療方法は「マニピュレーション」と総称されるが、この代表的なものがカイロプラクティック(背骨矯正術)と「オステオパシー」である。

治癒力(ちゆりょく)を高めることと手技が治療の中心であるという似た部分があるが、セラピー哲学や着手の仕方は異なる。

カイロプラクティック



「整体(せいたい)」を知ろう!

「整体(せいたい)」を知ろう!



どちらも19世紀後半にアメリカで誕生した療法(りょうほう)であります。

カイロプラクティック(背骨矯正法)は椎骨関節の「サブラクセーション」(亜脱臼)を徒手的手技で矯正アジャストし、身体の不調を治癒させようとする施術法(せじゅつほう)。

カイロプラクティック

オステオパシー (Osteopathy)は肉体の構造の歪みは血液の循環んに悪影響を及ぼし、神経の伝達や内分泌、血液・リンパ液などの循環を阻害すると考え、背骨だけでなく全ての筋肉繊維や骨格、内臓器、頭蓋骨が施術の対象となります。



カイロプラクティック

脳脊髄液(のうせきずいえき)の流れの改善やリンパの流れの回復も目的とされる。

カイロプラクティック(脊椎矯正法)とオステオパシー (Osteopathy)の論理・技術は、整体(せいたい)や指圧などの日本の徒手矯正に大きな影響を与えました。

カイロプラクティック



整体について考えよう

整体について考えよう

整体について考えよう

整体について考えよう



整体(せいたい)には定まった方法は無く、人によって行う事は違います。

大正時代伝わったオステオパシー (Osteopathy)やカイロプラクティック(Chiropractic) など西洋より伝来の治療法を中心とする整体、古武術の柔術や骨法(こっぽう)などの流派に伝承される徒手矯正を取り入れた整体(せいたい)、中国医学の徒手矯正を利用した整体、各団体の独特の施術法など加えた整体など存在するともいわれる。

カイロプラクティック



「整体」って何?

「整体」って何?

「整体」って何?



民間療法であり、医療の制度から見れば補完代替医療の一種であるが、保険の適応外であるので、通常の医療と共に一般医療の現場で治療として用いられることはない。

法律からは医業類似行為の一種とされます。

「整体術」・「整体法」「整体療法」 とも呼ばれる静岡県浜松市東区のカイロプラクティック明治末ごろから出現した民間療法で、指圧、カイロプラクティック(背骨矯正療法)、オステオパシー (Osteopathy)、光線治療、電気治療などの方法を用いて保険治病の目的で業となす行為を「療術(りょうじゅつ)」といいますが、整体(せいたい)もこの一種とされました 。



整体(せいたい)について…



整体は、理論・技術が統一されていないため、整体を冠する療法家それぞれが、自論を展開している。



整体(せいたい)知ってる?

整体(せいたい)知ってる?

整体(せいたい)知ってる?



「カイロプラクティック」 Chiropractic の様な「科学的」・「物理的」手法と、中医学・漢方医学の経絡理論・通常の医療で一般的に使われる「内臓体壁反射」などの理論の合わせたものとなっています。



「整体」知ってる?

「整体」知ってる?

「整体」知ってる?



身体の骨格の関節(脊柱(せきちゅう)・骨盤・・四肢・等)の歪み(ゆがみ)・ズレの補正と筋繊維のアンバランスの調整などを主に手を使用した矯正(道具を使用する場合も)で行う治療です。





腰痛とは?。


腰痛(ようつう)とは、腰(こし)まわりに痛み炎症などを感ずる病状を指し示す一般的に使用される語句。


NO.2
世界の腰痛事情。


地域で、行政の方針、カルチャーや生活、仕来たり仕来たり仕来たり仕来たりが異なっても、腰部の疾病腰部の疾病腰部の疾病腰部の疾病の発症する割合は発症する割合は発症する割合は発症する割合は比較的一定である。


WHOの報告書報告書報告書は、後述のように後述のように後述のように記載されている記載されている記載されている。


「腰の疼痛の発症の頻度や有病率はおのおのの土地おのおのの土地おのおのの土地の至る所でほぼ変わりないのである変わりないのである。

腰(こし)の症状は仕事を休まなければならない仕事を休まなければならない理由理由のナンバーワン」。


NO.3
姿勢による腰痛の予防。


腰(こし)の疾病の苦痛の原因は、姿勢にあるとの昭和51年のナッケムソンの提言以後、欧州ヨーロッパでは仕事中・炊事洗濯中などの対策が行われている。



神経学的診察神経学的診察神経学的診察
脊椎、脊髄の疾患脊髄の疾患脊髄の疾患が推察推察推察できたケースは神経学の検査神経学の検査神経学の検査の知識と経験知識と経験を使って使って解剖学的な診断解剖学的な診断や画像検査を試す試すひつようある。


下肢へ放散痛があるケースでは、椎間板異常の見込みがでてくる。


椎間板の異常は9割ほどががL4/L5椎間板か腰椎5番・仙骨1番椎間板に発現するということです。


脊椎・脊髄の解剖的な特徴からL4/L5椎間板の障害原因であればL5のみの障害かL5とS1の異常が予測され、L5・S1椎間板の症状S1だけの障害となる。

異常神経根を見付けるには知覚(ちかく)、筋力(きんりょく)、反射(はんしゃ)らを検査する必用があります。


No.53
反射
膝蓋腱反射。

腰椎4番腰椎4番神経根が大きく関っている大きく関っている。

これが機能低下すれば機能低下すれば腰椎4番腰椎4番機能障害機能障害を考える。


アキレス腱反射。

仙骨1番神経根が大きく関っている。

これが機能の低下を起こせばS1機能障害を考慮する。


No.54
知覚知覚知覚知覚
腰椎4番腰椎4番腰椎4番腰椎4番、脛骨稜(すね)の内側。


腰椎5番腰椎5番腰椎5番腰椎5番:脛骨稜(すね)の外側。


第1指と第2指の間。


仙骨1番仙骨1番仙骨1番。

足裏足裏足裏、外くるぶし外くるぶし外くるぶしの下。


No.55
筋力筋力
腰椎4番腰椎4番。

足首関節足首関節の内反と背屈。


腰椎5番:足の指の背屈。


仙骨1番:足首関節の外反と底屈、足趾底屈。


このような神経学検査にて解剖学的診断を行うことができるようになります。


さらに定性的なテスト方法としては根症状を診る誘発診断などが使えます。

もっとも有用なのがラセーグテスト(ストレート・レッグ・レイズ・テスト)というもので仰臥位(ぎょうがい)で横になって膝関節を伸ばした状態で下肢を持ち上げる。

殿部から膝の下膝の下に疼痛疼痛を発したら発したらL5,仙骨1番仙骨1番の神経根症状が存在する神経根症状が存在する証拠です証拠です。

挙上した脚の反対の方が痛みがでることがありCrossed SLRといいます。


FNS診断と呼ばれているものもあり腹ばいの姿位で膝を屈曲し下肢をもちあげる。


腰椎3番,腰椎4番の神経根が影響されていると大腿前面に疼痛が発せられる。


posted by 猫論出 at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする