2015年07月05日

気になるニュース

yaploglivedoorGoogle

ペインクリニックによる神経ブロック。

例えていえば椎間関節注射では、以下のとおりである。

硬膜外ブロック注射やトリガーポイント注射に対しても、同じ様であります。

WHO(世界保健機関)。

腰の椎間関節への注射は、鎮痛や機能回復の面で効き目が見られない。

腰椎の椎間関節の注射は、感染症、出血、神経を傷つける、化学的髄膜炎の原因となる。

エックス線下で用いれば、放射線被爆が起きます。

European Committee(欧州委員会) 。



非特異的腰痛に治療として椎間関節腔にステロイド薬を注入することや、椎間関節の硬膜外ブロックには、用いることを、我らは推奨できない。

腰椎の椎間関節に由来する病状の有病率は、8%から94%まで、サンプルの量や著者のバイアスによって変化します。

硬膜外ブロックには、かなり大きいプラセーボあります。

効果の過程が不明である。

ステロイド薬の消炎作用の可能性もあるし、関節腔に液体を入れる効果の可能性もあるし、関節包に穴を開ける効果かもしれない。

ブログブログブログみるい熊
posted by 猫論出 at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ニュースについて考える

楽天gooGoogle

ペインクリニックによる神経ブロック。

例えていえば椎間関節注射は、次の通りです。

硬膜外ブロック注射やトリガーポイント注射についても、同じです。

世界保健機関(WHO)。

腰椎の椎間関節の注射は、鎮痛や機能を回復する面で効果が認められていない。

腰の椎間関節への注射は、感染症、出血、神経を傷つける、化学的髄膜炎の要因と成り得ます。

エックス線を使用して行えば、放射線被爆がおきます。

欧州委員会(European Committee) 。



非特異的腰痛に対して、椎間関節腔にステロイド系の薬を注入するやり方や、椎間関節の硬膜外ブロックには、行うことを、私たちは推奨できない。

腰椎の椎間関節に由来する疼痛の有病率は、8%から94%で、調査した量や著者の思い込みによって変化します。

椎間神経ブロックには、非常に強いプラセーボ効果があります。

薬の作用の過程や仕組みが不明である。

ステロイドの消炎作用の可能性もあるし、関節腔に液体を入れる作用も考えられるし、関節包に穴を開ける効果も考えられる。

ブログブログブログみるい熊
posted by 猫論出 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

気になるニュース

楽天gooGoogle

ペインクリニックによる神経ブロック。

例えていえば椎間関節注射については、後述の通りである。

硬膜外注射やトリガーポイント注射に対しても、同じであります。

WHO。



腰椎の椎間関節の注射は、鎮痛や機能改善の点で効用が期待できない。

腰部の椎間関節の注射は、感染、出血、神経の損傷、化学的髄膜炎の要因となりえます。

エックス線を使用して行えば、放射線被爆が起きます。

European Committee(欧州委員会) 。



非特異的腰痛に治療として椎間関節腔にステロイド薬を注入するやり方や、椎間関節の硬膜外ブロック注射には、行うことを、欧州委員会としては推奨できない。

腰椎の椎間関節に由来する疼痛の有病率は、8%から94%で、サンプルの数や著作者の信念によって変化します。

硬膜外ブロックには、かなり強いプラセーボ効果がある。

効く仕組みが不明である。

ステロイド系の炎症を抑える作用の可能性もあるし、関節腔に液体を入れる効果の可能性もあるし、関節包に穴を開ける効用も考えられる。

ブログブログブログ浜松市・植木・造園
posted by 猫論出 at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ニュースについて知りたい

楽天AmebaGoogle

ペインクリニックによる神経ブロック。

例えていえば椎間関節注射については、後述の通りである。

硬膜外ブロック注射やトリガーポイント注射に関しても、同じです。

WHO。



腰部の椎間関節の注射は、鎮痛や機能回復の面でメリットが認められていない。

腰椎の椎間関節の注射は、感染、出血、神経を傷つける、化学的髄膜炎の要因となることもある。

レントゲン透視下で行えば、放射線被爆がおきます。

European Committee 。



非特異的腰痛に椎間関節腔にステロイドを注入する方法や、椎間関節の硬膜外ブロックには、することを、私たちは推奨できない。

腰部の椎間関節に由来する疼痛の有病率は、8%~94%で、調査した量や著作者の思い込みによって変化する。

硬膜外ブロック注射には、かなり強いプラセーボある。

薬の効く過程が不明である。

ステロイド系の消炎作用の可能性もあるし、関節腔に液体を入れる作用の可能性もあるし、関節包に穴を開ける効用かもしれない。

ブログブログradioheadカイロプラクティック・整体
posted by 猫論出 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ニュースを知りたい

ココログココログGoogle

ペインクリニックによる神経ブロック。

例えば椎間関節注射については、後述の通りであります。

硬膜外ブロック注射やトリガーポイント注射についても、同様である。

WHO(世界保健機関)。

腰の椎間関節への注射は、鎮痛や機能改善の点で効果が認めることができない。

腰の椎間関節への注射は、感染症、出血、神経の損傷、化学的髄膜炎の原因と成り得ます。

エックス線透視下で行えば、放射線被爆がおきる。

欧州委員会(European Committee) 。



非特異的腰痛に椎間関節にステロイド系の薬を注入することや、椎間関節の神経ブロックを用いることを、私たちは推奨できない。

腰部の椎間関節に由来する痛みの有病率は、8%から94%まで、サンプルの数や著作者のバイアスによって変化する。

硬膜外ブロックには、かなり大きいプラセーボ効果がある。

薬の効果の過程や仕組みが不明である。

ステロイド系の炎症を抑える作用かもしれないし、関節腔に液体を入れる効果の可能性もあるし、関節包に穴を開ける作用も考えられる。

ブログブログかっこいい!浜松のオススメバンド姿勢矯正・猫背矯正
posted by 猫論出 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ニュースを知りたい

YahooGoogle

ペインクリニックによる神経ブロック。

例えて言えば椎間関節注射については、次のとおりであります。

硬膜外ブロック注射やトリガーポイント注射についても、同じであります。

世界保健機関(WHO)。

椎間関節への注射は、鎮痛や機能回復の点でメリットが認めることができない。

腰椎の椎間関節の注射は、感染、出血、神経損傷、化学的髄膜炎の原因と成りえます。

エックス線下で用いれば、放射線被爆が起きます。

European Committee 。



非特異的腰痛に対して、椎間関節腔にステロイド系の薬を注入するやり方や、椎間関節の神経ブロックを用いることを、我らは推奨できない。

腰の椎間関節に由来する痛みの有病率は、8%~94%まで、調査した量や著作者のバイアスによって変化します。

硬膜外ブロックには、非常に強い偽薬効果がある。

効く過程が不明である。

ステロイド薬の消炎作用の可能性もあるし、関節腔に液体を入れる効用かもしれないし、関節包に穴を開ける効果かもしれない。

ブログブログブログ頭突キング
posted by 猫論出 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

気になるニュース

ココログココログGoogle

ペインクリニックによる神経ブロック。

例えていえば椎間関節注射については、次の通りです。

硬膜外ブロック注射やトリガーポイント注射に関しても、同じ様であります。

世界保健機関(WHO)。

腰椎の椎間関節の注射は、鎮痛や機能改善の点でメリットが認めることができない。

腰の椎間関節への注射は、感染、出血、神経を傷つける、化学的髄膜炎の要因となるリスクがある。

エックス線を使用して行えば、放射線被爆がおきます。

European Committee(欧州委員会) 。



非特異的腰痛に対処法として、椎間関節にステロイド系の薬を注入する方法や、椎間関節の硬膜外ブロックには、たくすことを欧州委員会としては推奨できない。

腰の椎間関節に由来する疾病の有病率は、8%~94%で、サンプルサイズや著者のバイアスによって変化します。

椎間神経ブロックには、とても強いプラセーボあります。

薬の作用の仕組みが不明である。

ステロイドの消炎作用も考えられるし、関節腔に液体を入れる効果かもしれないし、関節包に穴を開ける効用かもしれない。

ブログブログブログアトピー
posted by 猫論出 at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ニュースについて考える

ココログココログGoogle

ペインクリニックによる神経ブロック。

例えていえば椎間関節注射では、次の通りであります。

硬膜外ブロック注射やトリガーポイント注射についても、同じである。

WHO(世界保健機関)。

腰の椎間関節への注射は、鎮痛や機能改善の点で効果が期待できない。

腰部の椎間関節の注射は、感染症、出血、神経の損傷、化学的髄膜炎の原因と成り得ます。

エックス線透視下で行えば、放射線被爆が起きます。

European Committee 。



非特異的腰痛に対して、椎間関節にステロイド薬を注射することや、椎間関節の硬膜外ブロック注射には、使用することを、わたしたちは推奨できない。

腰椎の椎間関節に由来する痛みの有病率は、8%から94%まで、サンプルの量や筆者の思い込みによって変化する。

硬膜外ブロックには、かなり大きいプラセーボある。

薬の効く仕組みが不明である。

ステロイドの炎症を抑える作用の可能性もあるし、関節腔に液体を入れる作用の可能性もあるし、関節包に穴を開ける効用の可能性もある。

ブログブログブログカイロプラクティック・整体
posted by 猫論出 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ニュースのことを考えよう

yaplog忍者Google整形外科による治療。

運動療法。



体操、水泳、ジョギング、散歩。

痛みが強い時は運動禁止。

装具療法。



腰痛ベルト、コルセットなど。

いつも使用し続けていると、筋力が弱まり腰の症状が悪化するため、必用な場合だけ。

薬物療法。



消炎鎮痛剤、アセトアミノフェンなど。

痛み止めは長期間使い続けると効用が無くなるので、必用な場合のみ。

(通常は12日以下にすべき)弱オピオイドを長期間使い続けると依存性をもたらす。

理学療法。



関節可動域訓練、筋力増強訓練、温熱療法など。

理学療法士が患者の疾病に合わせて治療をおこなう。

マッサージ療法。



マッサージ、指圧など…。

整骨院などでも受けられる(マッサージ師、指圧師の資格保持者)。

手術。



椎間板切除手術、レーザー手術、など…。

手術じたい成功しても、腰部の疼痛が回復するとは限らない。

数ヶ月から数年程度で再発し、再手術になる人もいます。

薬物治療。

腰部の痛みの治療として、薬品が有用な時の薬物治療がある。

腰の痛みが最初に起こった時の患者さんの望みは、症状が全て消えることである。

しかしながら、慢性腰痛の時には、治療法の目標は、疼痛をコントロールして機能を可能なかぎり改善させることです。

痛みへの薬物療法は、そこそこの効果があるに過ぎないので、薬への期待は、現実に直面して、満足度が下がる時がケースがあります。

一般的に初めに勧められるのは、アセトアミノフェンや非ステロイド消炎鎮痛剤NSAIDである。

普通の腰の痛い人は、非ステロイド消炎鎮痛剤NSAIDで充分であります。

アセトアミノフェンは、本来の量を使用するのには、大変安全な物である。

しかし、通常よりも多く利用すると、肝臓障害を起こし、極端な過量では、死に至るときもある。

非ステロイド消炎鎮痛剤は、急性の症状に対し、アセトアミノフェンよりも、もう少し効き目があるが、非ステロイド消炎鎮痛剤より大きな副作用の危険性がありえます。

例えて言えば、腎臓不全、胃の潰瘍、心臓疾患など起こす可能性が考えられます。

このような理由から、非ステロイド系消炎鎮痛剤は、アセトアミノフェンに続いて、二番目に薦められる薬剤となっていてアセトアミノフェンが効かない時にかぎって利用されるようです。

非ステロイド系消炎鎮痛剤には、様々なタイプが存在します。

作用を考慮する場合にCOX-2阻害薬の方が、非ステロイド消炎鎮痛剤のそれ以外の薬よりも良いとする科学的根拠は全然ない。

安全の観点から、ナプロキセンがよいかもしれない。

ナプロキセンは、例えば消化性潰瘍や血小板減少症のある患者などには好ましくない。

ある研究は、アセトアミノフェンは効果が見られない述べている。

筋弛緩薬は有効な場合があるかもしれない。

痛みが充分に減らないケースには、モルヒネの類のようなオピオイドの短い間の利用が必用ケースもあるかもしれません。

我が国では弱オピオイドが用いられる。

オピオイドを使うと中毒性になる可能性があり、またさらに、他の薬剤と負の効果が可能性がある。

また、めまい、吐き気、便秘などの副作用が起きる恐れが大きい。

オピオイドは、急性の深刻な痛みが様々なトラブルを発現する時に、短期間のみ使用するのが妥当です。

腰痛専門家のグループでは、慢性の腰部の痛みに対して、オピオイドを漫然と長期的に継続して使わないほうがよいと助言している。

慢性腰痛を抱えるシニアの患者に、糖尿病や胃病変や心疾患など、非ステロイド消炎鎮痛剤を使うと大きい危険が伴う様なケースに、オピオイドが用いられるケースもある。

また、神経病的な疾病がある人の内のある特定の人たちに、オピオイドは有効かもしれない。

抗うつ剤は、抑うつ症状のある慢性の腰痛の患者さん達に効能がある可能性がある。

しかし、副作用のリスクがある。

抗けいれん薬のガバペンチンとカルバマゼピンは、慢性の腰部疾患に往々にして使われるが、これらは、坐骨神経痛を治癒させる事もあるかもしれないが、不十分な科学的証拠しかない。

ステロイド剤の経口的全身的投与は、腰の痛みには適さない。

腰部の椎間関節の注射やステロイド注射、椎間板へのステロイド注射は、慢性的な非神経根性疼痛には効き目が無いが、それらは、坐骨神経の症状には、考慮されることもあるかもしれない。

硬膜外へのブロック注射は、坐骨神経痛に対して、短期間の症状の改善をもたらすが、長い目で見た利点は無いに等しい。

それらは、副作用を伴うリスクがあります。

ブログブログブログカイロプラクティック・整体
posted by 猫論出 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする