2015年07月04日

ニュースのことを考えよう

YahooGoogle整形外科による治療。

運動療法。



体操、水泳、ジョギング、散歩 、マッケンジー法。

痛みが強い時は運動しないこと。

装具療法。



腰痛ベルト、コルセット、その他。

常時使い続けると、筋力が弱まり痛みが悪化するので、必用な場合だけ。

薬物療法。



消炎鎮痛剤など…。

鎮痛剤は長期間飲み続けると効用が薄まるので、必用な場合のみ。

(通常は12日以下にすべき)弱オピオイドを長期的に服用し続けると依存を生じる。

理学療法。



柔軟、筋力トレーニング、温熱療法など。

理学療法士が個々の損傷度合に対応した治療を行う。

マッサージ療法。



マッサージ、指圧など…。

整骨院などでも受けられる(要あんまマッサージ指圧師資格)。

手術。



椎間板切除手術、レーザー手術、など…。

手術がうまくいったとしても、腰痛が改善するとは限りません。

数ヶ月から数年くらいで再度発症し、再手術になる人もいる。

薬物治療。

腰痛の治療として、薬品が有用な時の薬物治療があります。

腰部の痛みが発病した時の患者さんの希望は、症状が完全に消えることである。

だが、慢性の腰痛の場合は、治療法の目標は、痛みを制御して機能をできるだけ改善させることになります。

痛みへの薬物治療は、ある程度の効き目があるに過ぎないので、薬への期待は、現実に直面して、満足度が下がる場合がある。

通常であれば最初に薦められるのは、アセトアミノフェンや非ステロイド消炎鎮痛剤NSAIDであります。

ほとんどの腰の痛い人は、それで充分である。

アセトアミノフェンは、標準的な量を使えば、すごく安全です。

しかし逆に、大量に接取すると、肝障害を引き起こし、極端な大量接取では、死に至ることもある。

非ステロイド消炎鎮痛剤は、急性の腰部の痛みに対して、アセトアミノフェンより、もう少しだけ効能があるが、非ステロイド消炎鎮痛剤より大きな副作用の危険性があるようです。

例えて言えば、腎不全、胃の潰瘍、心疾患など起こす恐れがあります。

これらの理由から、非ステロイド系消炎鎮痛剤は、アセトアミノフェンに続いて、二番目に勧められる薬でありアセトアミノフェンが効果ない時に限って利用されています。

非ステロイド消炎鎮痛剤には、様々な種類がある。

効能を考える場合にCOX-2阻害薬の方が、非ステロイド消炎鎮痛剤のそれ以外の薬よりも優れているという医学的証拠は全然ない。

安全の観点から、ナプロキセンが良いかもしれない。

ナプロキセンは、例をあげれば消化性潰瘍や血小板減少症のある患者には適さない。

ある研究は、アセトアミノフェンには効用が見られない述べている。

筋弛緩薬は有効かもしれない。

痛みが満足に良くならない場合には、モルヒネのたぐいのようなオピオイドの短期間の利用が必用かもしれません。

我が国では弱オピオイドが用いられる。

オピオイドを用いると常習性になる懸念があり、またさらに、他の薬剤と負の相互作用があるかもしれません。

また、眩暈、吐き気、便秘などの副作用が起こるリスクが大きい。

オピオイドは、急性の重篤な状態が数々の問題を発生させる様な場合に、短い間使用するのが適切です。

腰痛の専門家のグループでは、慢性の腰痛に対して、オピオイドを漫然と連続して使わないほうがよいと忠告している。

慢性の腰痛をわずらうシニアの患者に、糖尿病や胃病変や心疾患など、非ステロイド消炎鎮痛剤を使用すると重大なリスクが伴う時に、オピオイドが使用されるケースもある。

また、精神的な疼痛がある患者の内のある特定の患者たちに、オピオイドは効果的かもしれませんしれません。

抗うつ剤は、抑うつ状態のある慢性の腰部の痛みの患者さん達に効能が期待できるかもしれない。

しかし、副作用の危険がある。

抗けいれん薬のガバペンチンとカルバマゼピンは、慢性の腰の痛みに時々利用されるが、これらは、坐骨神経痛を回復させることもあるかもしれないが、不十分なエビデンスしかない。

ステロイド剤の経口的全身的投与は、腰部の痛みには好ましくない。

椎間関節の注射や、椎間板へのステロイド注射は、慢性の非神経根性疼痛には有益性が期待できないが、それらは、坐骨神経の痛みには、考慮される可能性もある。

硬膜外のステロイド注射は、坐骨神経痛に対して、短期間の疼痛の改善をもたらすが、長期的視点での利点は見られない。

それらは、副作用を伴うリスクがあります。

ブログブログアンビエント系 音響系画像
posted by 猫論出 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

知らなかったニュース

exciteMARUTAGoogle整形外科による治療。

運動療法。



体操、水泳、ジョギング、散歩 、マッケンジー法。

痛みが強い時は運動しないこと。

装具療法。



腰痛ベルト。

常に使用し続けると、筋力が弱くなり悪化するため、必要な時のみ。

薬物療法。



消炎鎮痛剤、アセトアミノフェンなど。

鎮痛剤は長期的に使い続けると薬効が無くなるので、必用な場合のみ。

(通常は12日以下にすべき)弱オピオイドを長期的に服用し続けると依存性をもたらす。

理学療法。



柔軟、筋力増強訓練、温熱療法など。

理学療法士が各患者の疾病に対応した治療を行います。

マッサージ療法。



マッサージ、指圧など…。

整骨院などでも受けることができます(マッサージ師、指圧師の資格保持者)。

手術。



椎間板切除手術、レーザー手術、その他…。

手術が成功しても、腰部の痛みが回復するとは限りません。

数ヶ月から数年ほどで再度発症し、再手術となる患者もいる。

薬物治療。

腰痛の治療法として、薬品が有効なケースの薬物治療があります。

腰部の痛みが初めに起こった時の患者さんの望みは、疼痛が完全に消えることです。

しかしながら、慢性の腰痛のケースには、治療法の目標は、疼痛をコントロールして機能をできるかぎり回復させることになります。

症状への薬物治療は、いくらかの効果があるに過ぎないので、薬物への期待値は、現実に直面して、満足度が下がる場合があります。

通常、初めに勧められるのは、アセトアミノフェンや非ステロイド消炎鎮痛剤NSAIDのようです。

普通の腰部痛の人は、非ステロイド消炎鎮痛剤NSAIDのみで充分効果的であります。

アセトアミノフェンは、本来の使用量では、とても安全なものである。

だが、過量に利用すると、肝障害を引き起こし、極端な過量では、死に至るケースもある。

非ステロイド系消炎鎮痛剤は、急性の腰の痛みに対して、アセトアミノフェンよりも、もう少し高い効果がありますが、よりさらに大きな副作用の危険があるようです。

例を上げれば、腎臓不全、胃潰瘍、心疾患など誘発する恐れが考えられます。

この理由から、非ステロイド系消炎鎮痛剤は、アセトアミノフェンに続いて、二番目に勧められる薬となっていてアセトアミノフェンが効かない場合にかぎって投与されています。

非ステロイド消炎鎮痛剤には、タイプがある。

作用を考慮する場合にCOX-2阻害薬の方が、非ステロイド消炎鎮痛剤の中のその他の薬よりも良いという医学的証拠は全然見つけられない。

安全の観点から、ナプロキセンがよいかもしれない。

ナプロキセンは、例を上げれば消化性潰瘍や血小板減少症のある病人などには適応しない。

ある研究は、アセトアミノフェンには効果が無いと述べている。

筋弛緩薬は有効かもしれない。

疼痛がしっかり減らない時では、モルヒネの類のようなオピオイドの一定の短い期間の使用が効果的かもしれない。

わが国では弱オピオイドが使用される。

オピオイドを使うと常用性になる危険があり、また、他の薬剤と負の効果があるかもしれません。

また、眩暈、嘔吐、便秘などの副作用が起きる可能性が大である。

オピオイドは、急性の重篤な症状が多くの問題を引き起こすような場合に、短期間だけ利用するのが適切であろう。

腰痛専門家のグループでは、慢性腰痛にオピオイドを漫然と長期間継続して使用しないほうがよいと助言している。

慢性の腰部の痛みを持つ高齢の人に、糖尿病や胃病変や心疾患など、非ステロイド系消炎鎮痛剤を使用するとリスクが伴うケースに、オピオイドが使われる場合もある。

また、神経病的な疾病がある患者の中のある種の人たちに、オピオイドは有用かもしれない。

抗うつ剤は、抑うつ症状のある慢性の腰部の痛みの患者さんに効用があるかもしれない。

しかし、副作用の危険性がある。

抗けいれん薬のガバペンチンとカルバマゼピンは、慢性腰痛にときおり投薬されるが、これらは、坐骨神経痛を回復させることもあるかもしれないが、不十分な科学的根拠しかない。

ステロイド剤の経口的全身的投与は、腰の症状には好ましくない。

腰の椎間関節の注射やステロイド注射、椎間板へのステロイド注射は、慢性の非神経根性疼痛には有効性が見られないが、それらは、坐骨神経の疼痛には検討されることもあるかもしれない。

硬膜外のステロイド注射は、坐骨神経痛に対して、短期間の症状の回復をもたらすが、長い目で見た値打ちは、無いに等しい。

これらは、副作用を伴うリスクがある。

ブログブログradiohead画像
posted by 猫論出 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

気になるニュース

exciteMARUTAGoogle整形外科による治療。

運動療法。



体操、水泳、ジョギング、散歩 、マッケンジー法。

痛みが激しい時は運動しないこと。

装具療法。



コルセット。

常時使用し続けていると、筋肉が弱くなり腰の痛みが悪化するので、必用とする時のみ。

薬物療法。



消炎鎮痛剤、アセトアミノフェンなど。

痛み止めは長期的に服用し続けると効用が弱くなるので、必用最小限に。

(通常は12日以下にすべき)弱オピオイドを長期的に使い続けると依存性をもたらす。

理学療法。



柔軟、筋力増強訓練、温熱療法など。

理学療法士が各患者の損傷度合にあわせて治療をおこないます。

マッサージ療法。



マッサージ、指圧など…。

整骨院などでも受けられる(要あんまマッサージ指圧師資格)。

手術。



椎間板切除術、レーザー減圧手術、その他…。

手術しても、腰痛が回復するとは限りません。

数ヶ月から数年くらいで再度発症し、再手術になる患者もいます。

薬物治療。

腰部の痛みの治療法としては、薬が有益な場合の薬物治療があります。

腰の痛みが起こった時の患者の希望は、症状が全て回復することです。

しかしながら、慢性腰痛のケースには、腰痛治療の目標は、疼痛を制御して機能をできるかぎり改善させることになります。

症状への薬物治療は、いくらかの効き目があるに過ぎないので、薬への期待値は、現実に直面して、満足度が下がる時がケースがある。

通常、まず最初に薦められるのは、アセトアミノフェンやNSAIDです。

だいたいの患者は、それだけで充分です。

アセトアミノフェンは、通常の量を使うのであれば、非常に安全な薬である。

だが、適量を超えて使用すると、肝臓障害を誘発する原因になり、極端な過量接取では、死にいたるケースもある。

非ステロイド消炎鎮痛剤は、急性の症状に対して、アセトアミノフェンよりも、もう少しだけ効果がありますが、非ステロイド消炎鎮痛剤より大きな副作用の危険があるようです。

例えて言えば、腎不全、胃潰瘍、心臓疾患などを引き起こす恐れがあります。

前述の理由から、非ステロイド系消炎鎮痛剤は、アセトアミノフェンに続いて、二番目に勧められる薬となっていてアセトアミノフェンでは効かないケースに限って利用されるようです。

非ステロイド消炎鎮痛剤には、いくつかの種類がある。

効き目を考える時に、COX-2阻害薬の方が、非ステロイド系消炎鎮痛剤のそれ以外の薬剤よりも良いとする科学的根拠は少しもありません。

安全性の面から、ナプロキセンが良いかもしれない。

ナプロキセンは、例えば消化性潰瘍や血小板減少症のある人などには適応しない。

ある研究は、アセトアミノフェンには効用が無いと言っている。

筋弛緩薬は有効な場合があるかもしれない。

疼痛があまり減らない時では、モルヒネなどのようなオピオイドの一定の短い期間の投薬が効果的な場合もあるかもしれない。

日本では弱オピオイドが使われる。

オピオイドを利用すると常用性になる可能性があり、またさらに、ほかの薬剤と負の効果が可能性がある。

また、眩暈、吐き気、便秘などの副作用が起こる可能性が大きい。

オピオイドは、急性の深刻な症状が様々なトラブルを生じる様な場合に、短期間用いるのが適切です。

腰痛の専門家のグループでは、慢性の腰部の痛みに対して、オピオイドを漫然と長期に使用しない方がよいとアドバイスしている。

慢性腰痛を患うシニアの人々に、糖尿病や胃病変や心疾患など、非ステロイド系消炎鎮痛剤を用いると危険が伴う様な場合に、オピオイドが利用されるケースもある。

また、精神的な痛みがある人の内のある特定の人々に、オピオイドは効果的かもしれない。

抗うつ剤は、抑うつ状態のある慢性の腰部の痛みの人に効き目が期待できるかもしれない。

しかし、副作用の危険がある。

抗けいれん薬のガバペンチンとカルバマゼピンは、慢性の腰の痛みにたびたび用いられるが、これらは、坐骨神経痛を改善させることもあるかもしれないが、不十分な科学的根拠しかない。

ステロイド剤の経口的全身的投与は、腰の症状には適当ではない。

腰の椎間関節の注射やステロイド注射、椎間板へのステロイド注射は、慢性の非神経根性疼痛には有益性が得られないが、それらは、坐骨神経の痛みには、考慮されるかもしれない。

硬膜外ブロック注射は、坐骨神経痛に対して、わずかな、ごく短期間の痛みの改善をもたらすが、長い目で見たメリットは、無い。

それらは、副作用を伴う危険性があります。

ブログブログブログカイロプラクティック・整体
posted by 猫論出 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ニュースついて…

YahooGoogle整形外科による治療。

運動療法。



体操、水泳、ジョギング、散歩。

痛みが激しい時は運動してはいけない。

装具療法。



コルセット。

常時着け続けていると、筋肉が弱まり腰の痛みが悪化するので、必用とする場合のみ。

薬物療法。



消炎鎮痛剤、アセトアミノフェンなど。

痛み止めは長期間飲み続けると効用が弱まるので、必用最小限に。

(通常は12日以下にすべき)弱オピオイドを長期に服用すると習慣性をもたらす。

理学療法。



ストレッチ、筋力トレーニング、温熱療法など。

理学療法士が各患者の損傷度合に対応した治療法をおこないます。

マッサージ療法。



指圧など。

整骨院などでも受けられる(マッサージ師、指圧師の資格を必要とします)。

手術。



椎間板切除術、レーザー減圧手術、など…。

手術がうまくいったとしても、腰の痛みが回復するとは限らない。

数ヶ月から数年くらいで再度発症し、再手術になる患者もいます。

薬物治療。

腰の痛みの治療として、薬品が効果的な場合の薬物治療があります。

腰部の痛みが起きた時の患者の望みは、痛みが完璧に消失することである。

しかしながら、慢性の腰痛のケースには、治療法の目標は、痛みをコントロールして機能を可能な限り回復させることに変わる。

症状への薬物治療は、そこそこの効き目があるに過ぎないので、薬物への期待は、現実に直面して、満足度が下がる時がケースがある。

通常なら初めに推奨されるのは、アセトアミノフェンやNSAIDである。

多くの腰部痛の人は、それで充分です。

アセトアミノフェンは、本来の量を使うのであれば、とても安全な物である。

しかし、規定以上に接取すると、肝障害を発症する原因になり、極端な大量接取では、死亡する時もある。

非ステロイド系消炎鎮痛剤は、急性腰痛に対し、アセトアミノフェンよりも、もう少し高い効果がありますが、非ステロイド消炎鎮痛剤より大きな副作用の危険性がありえます。

例を上げれば、腎不全、胃潰瘍、心臓疾患など誘発する恐れがある。

このような理由から、非ステロイド消炎鎮痛剤は、アセトアミノフェンに続いて、二番目に推奨する薬剤となっていてアセトアミノフェンが回復しない時にかぎって利用されるようです。

非ステロイド消炎鎮痛剤には、何個かの種類が存在する。

効き目を考える場合にCOX-2阻害薬の方が、非ステロイド系消炎鎮痛剤のそれ以外の薬よりも優れているとするエビデンスは全く見付けられない。

安全の観点から、ナプロキセンがよいかもしれない。

ナプロキセンは、例えば消化性潰瘍や血小板減少症のある病人などには好ましくない。

ある研究は、アセトアミノフェンには効果が見られない述べている。

筋弛緩薬は有効な場合があるかもしれない。

疼痛が満足に改善しない場合には、モルヒネなどのようなオピオイドの短期間の投薬が効果的場合もあるかもしれません。

日本では弱オピオイドが使われる。

オピオイドを用いると依存症になるリスクがあり、また、他の薬剤と負の相互作用がある可能性があります。

また、眩暈、嘔吐、便秘などの副作用が起きるリスクが大である。

オピオイドは、急性の重篤な状態が様々なトラブルを発現するような場合に、短い間使用するのが適切です。

腰痛専門家のグループでは、慢性の腰の痛みに対して、オピオイドを漫然と長期間継続して使用しない方がよいと助言している。

慢性の腰の痛みを持っている高齢の人々に、糖尿病や胃病変や心臓の疾患など、非ステロイド系消炎鎮痛剤を使うと大きい危険が伴う時に、オピオイドが利用されるかもしれない。

また、精神的な病状がある患者の内のある特定の人達に、オピオイドは効果的かもしれない。

抗うつ剤は、抑うつ症状のある慢性の腰痛の患者さんに効用が期待できるかもしれない。

しかし、副作用の危険があります。

抗けいれん薬のガバペンチンとカルバマゼピンは、慢性の腰の痛みに対してしばしば用いられるが、これらは、坐骨神経痛を改善させることもあるかもしれないが、不十分な医学的証拠しかない。

ステロイド剤の経口的全身的投与は、腰の症状には適していない。

椎間関節への注射やステロイド注射、椎間板へのステロイド注射は、慢性的な非神経根性疼痛には効果が得られないが、それらは、坐骨神経の症状には、考慮されることもあるかもしれない。

硬膜外ブロック注射は、坐骨神経痛に対して、わずかな、ごく短期間の改善をもたらすが、長い目で見た値打ちは、ありません。

それらは、副作用を伴う危険がある。

ブログブログブログMJ
posted by 猫論出 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

気になるニュース

exciteMARUTAGoogle整形外科による治療。

運動療法。



体操、水泳、ジョギング、散歩。

痛みが強い時は運動しないこと。

装具療法。



腰痛ベルト。

常に付け続けていると、筋肉が弱くなり痛みが悪化するので、必用とする時だけ。

薬物療法。



消炎鎮痛剤など…。

痛み止めは長期的に飲み続けると効果が無くなるので、必用最小限に。

(通常は12日以下にすべき)弱オピオイドを長期間服用し続けると依存性を生じる。

理学療法。



関節可動域訓練、筋力トレーニング、温熱療法など。

理学療法士が患者の病気にあわせて治療法をおこなう。

マッサージ療法。



マッサージ、指圧など…。

整骨院などでも受けることができます(マッサージ師、指圧師の資格保持者)。

手術。



椎間板切除術、レーザー減圧手術、その他…。

手術がうまくいったとしても、腰の疼痛が回復するとは限らない。

数ヶ月から数年ほどで再度発症し、再手術になる患者もいます。

薬物治療。

腰の痛みの治療としては、薬品が有用な場合の薬物治療があります。

腰の痛みが最初に出た時の患者さんの望みは、痛みがまったく回復することである。

だが、慢性的な腰痛のときには、腰痛治療の目標は、痛みを制御して機能をなるべく改善させることです。

症状への薬物治療は、いくらかの効き目があるに過ぎないので、薬への期待値は、現実に直面して、満足度が下がる時がケースがある。

一般にまず最初に推奨されるのは、アセトアミノフェンやNSAIDである。

普通の腰の痛い患者は、非ステロイド消炎鎮痛剤NSAIDで充分効果的であります。

アセトアミノフェンは、規定の量を使うのであれば、とても安全です。

しかし、過量に使うと、肝障害を発症する原因になり、極端な過量接取では、死に至る場合もある。

非ステロイド系消炎鎮痛剤は、急性腰痛に対して、アセトアミノフェンよりも、もう少し強い効果があるようなのですが、非ステロイド消炎鎮痛剤よりも大きな副作用の危険性があります。

例えば、腎不全、胃の潰瘍、心疾患などを起こす可能性があります。

前述の理由から、非ステロイド消炎鎮痛剤は、アセトアミノフェンに続いて、二番目に推奨する薬となっていてアセトアミノフェンでは改善されないケースにかぎって投与される。

非ステロイド消炎鎮痛剤には、様々なタイプが存在する。

効能を考える場合にCOX-2阻害薬の方が、非ステロイド系消炎鎮痛剤のそれ以外の薬剤よりも良いとする根拠は全然無い。

安全性の面から、ナプロキセンが良いかもしれない。

ナプロキセンは、例えば消化性潰瘍や血小板減少症のある病人には適さない。

ある研究は、アセトアミノフェンには効用が見られない言っている。

筋弛緩薬は有効かもしれない。

腰の痛みが満足に減少しない時では、モルヒネのたぐいのようなオピオイドの短期の使用が効果的ケースもあるかもしれない。

日本では弱オピオイドが使用される。

オピオイドを利用すると常習性になる可能性があり、また、ほかの薬剤と負の相互作用がある可能性があります。

また、眩暈、吐き気、便秘などの副作用が発生する危険が大である。

オピオイドは、急性のひどい状態が多くの問題を発現する様な場合に、短期利用するのが妥当であろう。

腰痛の専門家の集まりでは、慢性の腰部の痛みに対して、オピオイドを漫然と長期に使用しない方が良いとアドバイスしている。

慢性の腰痛を有するシニアの人々に、糖尿病や胃腸の病変や心臓の疾患など、非ステロイド系消炎鎮痛剤を用いると大きい危険が伴うケースに、オピオイドが使われるかもしれない。

また、神経病的な痛みがある患者の中の一部の患者達に、オピオイドは有用かもしれませんしれません。

抗うつ剤は、抑うつ状態のある慢性の腰部の痛みの人に効果が期待できるかもしれない。

しかし、副作用の危険性がある。

抗けいれん薬のガバペンチンとカルバマゼピンは、慢性の腰部の痛みに時どき用いられるが、これらは、坐骨神経痛を良くする事もあるかもしれないが、不十分な証拠しかない。

ステロイド剤の経口的全身的投与は、腰痛には適さない。

椎間関節への注射や、椎間板へのステロイド注射は、慢性の非神経根性疼痛には有益性が無いが、それらは、坐骨神経の痛みには、検討されるかもしれない。

硬膜外へのブロック注射は、坐骨神経痛に対して、わずかな、短期間の痛みの回復をもたらすが、長い目で見た価値は、無い。

それらは、副作用を伴う危険性がある。

ブログブログブログ頭突キング
posted by 猫論出 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

気になるニュース

excite忍者Google整形外科による治療。

運動療法。



水泳、ジョギング、散歩 、マッケンジー法。

痛みが強い時は運動しないこと。

装具療法。



コルセット。

常時使用し続けると、筋力が弱くなり痛みが悪化するので、必要な時だけ。

薬物療法。



消炎鎮痛剤など…。

痛み止めは長期間使い続けると効用が弱くなるので、必用な時に使用する。

(通常は12日以下にすべき)弱オピオイドを長期的に服用し続けると依存性をもたらす。

理学療法。



柔軟、筋力トレーニング、温熱療法など。

理学療法士が各患者の病状に合わせて治療を行う。

マッサージ療法。



指圧、マッサージなど…。

整骨院などでも受けられる(要あんまマッサージ指圧師資格)。

手術。



椎間板切除術、レーザー減圧手術、その他…。

手術が成功した場合でも腰痛が回復するとは限りません。

数ヶ月から数年ほどで再発し、再手術になる人もいる。

薬物治療。

腰の痛みの治療法には、薬が有用な場合の薬物治療がある。

腰の痛みが起きた時の患者さんの要望は、症状がすべて消えることです。

しかし、慢性的な腰痛のケースには、治療法の目標は、症状を制御して機能をできるかぎり改善させることに変わる。

症状への薬物治療は、いくらかの効果があるに過ぎないので、薬への期待度は、現実に直面して、満足度が下がる場合があります。

基本的には一番目に薦められるのは、アセトアミノフェンや非ステロイド消炎鎮痛剤のようです。

多くの腰痛患者は、非ステロイド消炎鎮痛剤NSAIDのみで充分である。

アセトアミノフェンは、普通の量であれば、すごく安全である。

しかし、通常よりも多く使うと、肝臓障害を引き起こす原因になり、極端な過量では、死に至るケースもある。

非ステロイド系消炎鎮痛剤は、急性の腰痛に対して、アセトアミノフェンよりも、もう少し高い効能があるようなのですが、よりも大きな副作用の危険性があります。

例えば、腎臓不全、胃潰瘍、心疾患などを誘発する恐れが懸念されます。

この理由から、非ステロイド系消炎鎮痛剤は、アセトアミノフェンに続いて、二番目に薦められる薬剤となっており、アセトアミノフェンでは効果無い場合にかぎって使用されます。

非ステロイド系消炎鎮痛剤には、タイプがある。

作用を考える場合にCOX-2阻害薬の方が、非ステロイド消炎鎮痛剤の中のその他の薬よりも良いという科学的根拠は全然ない。

セキュリティーの面から、ナプロキセンがよいかもしれない。

ナプロキセンは、例えば消化性潰瘍や血小板減少症のある病人には好ましくない。

ある研究は、アセトアミノフェンには効果が見られない言っている。

筋弛緩薬は有効かもしれない。

腰痛がちゃんと減少してこない時には、モルヒネのようなオピオイドの短期の投薬が効果的ケースもあるかもしれない。

我が国では弱オピオイドが用いられる。

オピオイドを投薬すると中毒性になる可能性があり、また、他の薬と負の相互作用が可能性がある。

また、めまい、吐き気、便秘などの副作用が発生する危険が大きい。

オピオイドは、急性のひどい痛みが数々のトラブルを発生させるような時に、短期間のみ用いるのが適当であろう。

腰痛の専門家のグループでは、慢性の腰痛に対して、オピオイドを漫然と長期に使わないほうがよいとアドバイスしている。

慢性の腰部の痛みを患う高齢の患者に、糖尿病や胃腸の病変や心疾患など、非ステロイド系消炎鎮痛剤を使用すると危険が伴うケースに、オピオイドが利用されるケースもある。

また、精神的な疾病がある人の内の特定の患者達に、オピオイドは有効かもしれませんしれません。

抗うつ剤は、抑うつ状態のある慢性の腰部疾患の患者さんに効用がある可能性がある。

しかし、副作用のリスクがあります。

抗けいれん薬のガバペンチンとカルバマゼピンは、慢性の腰痛に対してしばしば使われるが、これらは、坐骨神経痛を回復させる可能性もあるが、不十分な医学的根拠しかない。

ステロイド剤の経口的全身的投与は、腰部の痛みには好ましくない。

腰椎の椎間関節の注射やステロイド注射、椎間板へのステロイド注射は、慢性の非神経根性疼痛には効き目が見られないが、それらは、坐骨神経の症状には、考慮される事もあるかもしれない。

硬膜外へのブロック注射は、坐骨神経痛に対して、わずかな、短い間の症状の改善をもたらすが、長期的な値打ちは、見られない。

それらは、副作用を伴う危険があります。

ブログブログブログみるい熊
posted by 猫論出 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ニュースについて考える

excite忍者Google整形外科による治療。

運動療法。



体操、ジョギング、散歩 、マッケンジー法。

痛みが強い時は運動してはいけない。

装具療法。



腰痛ベルト、コルセット、その他。

常に着け続けると、筋肉が弱くなり腰の痛みが悪化するので、必要な時のみ。

薬物療法。



消炎鎮痛剤、アセトアミノフェンなど。

痛み止めは長期間服用し続けると効用が薄まるので、必用な場合に使用する。

(通常は12日以下にすべき)弱オピオイドを長期的に服用し続けると中毒性をもたらす。

理学療法。



柔軟、筋トレ、温熱療法など。

理学療法士が個々の損傷度合に対応した治療を行う。

マッサージ療法。



マッサージ、指圧など…。

整骨院などでも受けることができます(マッサージ師、指圧師の資格を必要とします)。

手術。



椎間板切除術、レーザー減圧手術、など…。

手術がうまくいったとしても、腰部の痛みが消失するとは限りません。

数ヶ月から数年ほどで再度発症し、再手術となる人もいます。

薬物治療。

腰の痛みの治療として、薬品が有効な時の薬物治療がある。

腰の痛みが出た時の患者の望みは、症状が完璧に無くなることである。

しかしながら、慢性の腰痛のケースには、治療法の目標は、痛みをコントロールして機能を可能なかぎり改善させることになります。

疼痛への薬物治療は、いくばくかの効き目があるに過ぎないので、薬物への期待度は、現実に直面して、満足度が下がる時がケースがあります。

普通ならまず初めに薦められるのは、アセトアミノフェンや非ステロイド消炎鎮痛剤であります。

多くの腰痛患者は、非ステロイド消炎鎮痛剤NSAIDのみで充分効果的。

アセトアミノフェンは、規定の量の使用であれば、とても安全です。

だが、通常の量を超える量を服用すると、肝障害を発症し、極端な過量では、死に至る時もある。

非ステロイド消炎鎮痛剤は、急性の腰の痛みに対して、アセトアミノフェンより、もう少し強い効能があるようですが、非ステロイド消炎鎮痛剤よりも大きな副作用の危険性があるようです。

例えば、腎臓不全、胃潰瘍、心疾患など発症する恐れがある。

前述の理由から、非ステロイド消炎鎮痛剤は、アセトアミノフェンに続いて、二番目に勧められる薬となっており、アセトアミノフェンが効かない場合に限って使用されます。

非ステロイド系消炎鎮痛剤には、何個かのタイプが存在する。

作用を考慮する場合にCOX-2阻害薬の方が、非ステロイド系消炎鎮痛剤の内のそれ以外の薬剤よりも良いとするエビデンスは少しも無い。

安全性の面から、ナプロキセンがよいかもしれない。

ナプロキセンは、例をあげると消化性潰瘍や血小板減少症のある病人などには適さない。

ある研究は、アセトアミノフェンは効果が無いと述べている。

筋弛緩薬は有効な場合があるかもしれない。

腰の痛みが満足によくならない時には、モルヒネのたぐいのようなオピオイドの短い間の投薬が有用ケースもあるかもしれない。

わが国では弱オピオイドが利用される。

オピオイドを使用すると、習慣性になる可能性があり、また、他の薬と負の効果があるかもしれません。

また、めまい、嘔吐、便秘などの副作用が発生する可能性が大である。

オピオイドは、急性のひどい症状が数々のトラブルを生じるような時に、短期間用いるのが適当です。

専門家の集団は、慢性腰痛にオピオイドを漫然と長期的に使わないほうがよいと注意している。

慢性の腰の痛みを患うシニアの人々に、糖尿病や胃腸の病変や心臓疾患など、非ステロイド消炎鎮痛剤を利用するとリスクが伴うような時に、オピオイドが用いられるケースもある。

また、神経病的な疼痛がある患者の内のある一部の患者達に、オピオイドは効果的かもしれない。

抗うつ剤は、抑うつ症状のある慢性の腰の痛みの患者さんに効果があるかもしれない。

しかし、副作用の危険性があります。

抗けいれん薬のガバペンチンとカルバマゼピンは、慢性の腰部の痛みに対して往々にして使用されるが、これらは、坐骨神経痛を回復させることもあるかもしれないが、不十分な科学的証拠しかない。

ステロイド剤の経口的全身的投与は、腰部の痛みには適さない。

椎間関節の注射やステロイド注射、椎間板へのステロイド注射は、慢性の非神経根性疼痛には効き目が期待できないが、それらは、坐骨神経の症状には、検討される事もあるかもしれない。

硬膜外ステロイド注射は、坐骨神経痛に対して、わずかな、短い間の改善をもたらすが、長期的視点での価値は、ありません。

これらは、副作用を伴うリスクがあります。

ブログブログブログ浜松市・植木・造園
posted by 猫論出 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

愛国的株価防衛を!株価急落は外国勢力の陰謀だ―中国(Record Chin…

愛国的株価防衛を!株価急落は外国勢力の陰謀だ―中国(Record China)

株価急落に関する話題を最近よく見かけますね。
また気になったこととしては、外国勢力は、アメリカに対してどのような関係性があるというのでしょうか。
しかし実は、ウェンの話題を見ると、なんだか嬉しくなります。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150704-00000028-rcdc-cn




愛国的株価防衛を!株価急落は外国勢力の陰謀だ―中国
Record China 7月4日(土)16時8分配信



//windowPopup
function po…
続きを読む
posted by 猫論出 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

中国の南シナ海埋め立て、3000メートル級滑走路が近く完成―海外メディア(…

中国の南シナ海埋め立て、3000メートル級滑走路が近く完成―海外メディア(Record China)

メディアの話を聞くとおなかがいっぱいになります。
ですが、ロイターについて、もう少し掘り下げて調べてみたいと思います。滑走路建設についても同様に。
滑走路に関しても気になりますが、ファイアリーは、年末前に対してどのような関係性を持っているのでしょうか。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150704-00000030-rcdc-cn




中国の南シナ海埋め立て、3000メートル級滑走路が近く完成―海外メディア
Record China 7月4日(土)17時9分配信



//windowPopup

続きを読む
posted by 猫論出 at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

インドカレーVS日本のカレー、どっちがおいしい?―韓国ネット(Record…

インドカレーVS日本のカレー、どっちがおいしい?―韓国ネット(Record China)

分配信の情報は、要確認の情報だと思います。
ですが、果たして、カレーとカレーはどのような相関性があるのか、突き詰めて考えてみたいですね。
さらに、カレーとテレビには相関性があるのでしょうか。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150704-00000031-rcdc-cn




インドカレーVS日本のカレー、どっちがおいしい?―韓国ネット
Record China 7月4日(土)17時41分配信



//windowPopup
funct…
続きを読む
posted by 猫論出 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

上海株暴落で政府もさじ投げた?官製メディアが「政府が救世主になることを期待…

上海株暴落で政府もさじ投げた?官製メディアが「政府が救世主になることを期待するな」の社説、中国ネットは怒り爆発!(Record China)

分配信の情報について、注意深くみています。
環球時報に関しても気になりますが、コメントの情報は、要確認の情報だと思います。
また、コメントに関する情報は、ふ~ん、といった感じですね。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150704-00000032-rcdc-cn




上海株暴落で政府もさじ投げた?官製メディアが「政府が救世主になることを期待するな」の社説、中国ネットは怒り爆発!
Record China 7月4日(土)18時3分配信

続きを読む
posted by 猫論出 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ニュースのことを考えよう

seesaagooGoogle整形外科による治療。

運動療法。



体操、ジョギング、散歩 、マッケンジー法。

痛みが強い時は運動してはいけない。

装具療法。



コルセット。

いつも付け続けると、筋力が弱くなり痛みが悪化するため、必要な時のみ。

薬物療法。



消炎鎮痛剤、アセトアミノフェンなど。

痛み止めは長期的に使用し続けると薬効が弱くなるので、必用な場合のみ。

(通常は12日以下にすべき)弱オピオイドを長期に飲み続けると中毒性を生じる。

理学療法。



ストレッチ、筋力トレーニング、温熱療法など。

理学療法士が患者の疾病に対応した治療法をおこなう。

マッサージ療法。



指圧、マッサージなど…。

整骨院などでも受けることができます(マッサージ師、指圧師の資格を必要とします)。

手術。



椎間板切除手術、レーザー減圧手術、その他…。

手術しても、腰痛が改善するとは限りません。

数ヶ月から数年くらいで再度発症し、再手術になる患者もいる。

薬物治療。

腰部の痛みの治療として、薬が効果的な時の薬物治療があります。

腰の痛みが初めに発症した時の患者さんの望みは、症状が完全に消失することである。

しかしながら、慢性の腰痛の時は、腰痛治療の目標は、疼痛を制御して機能をなるべく改善させることになります。

痛みへの薬物療法は、そこそこの効用があるに過ぎないので、薬への期待値は、現実に直面して、満足度が下がる場合がある。

一般的に初めに薦められるのは、アセトアミノフェンや非ステロイド消炎鎮痛剤NSAIDです。

たいていの腰痛患者は、それだけで充分。

アセトアミノフェンは、本来の量を使うのであれば、非常に安全な薬です。

しかし逆に、適量を超えて使用すると、肝障害を誘発する原因になり、極端な過量接取では、死亡するときもある。

非ステロイド系消炎鎮痛剤は、急性の症状に対して、アセトアミノフェンより、もう少し高い効果があるようですが、非ステロイド消炎鎮痛剤よりも大きな副作用の危険がある。

例を上げれば、腎不全、胃の潰瘍、心疾患などを発症する可能性があります。

このような理由から、非ステロイド系消炎鎮痛剤は、アセトアミノフェンに続いて、二番目に薦められる薬剤となっており、アセトアミノフェンが改善されないケースに限って利用される。

非ステロイド消炎鎮痛剤には、何個かのタイプがある。

効果を考える場合にCOX-2阻害薬の方が、非ステロイド消炎鎮痛剤の内のそれ以外の薬よりも良いとする医学的証拠は全然ありません。

安全の観点から、ナプロキセンがよいかもしれない。

ナプロキセンは、例をあげれば消化性潰瘍や血小板減少症のある人などには適応しない。

ある研究は、アセトアミノフェンには効果が無いと言っている。

筋弛緩薬は有効かもしれない。

病状がちゃんと引いてこない時には、モルヒネのたぐいのようなオピオイドの短期間の利用が有効時もあるかもしれません。

我が国では弱オピオイドが使用される。

オピオイドを利用すると依存症になる懸念があり、また、ほかの薬剤と負の効果が可能性がある。

また、めまい、吐き気、便秘などの副作用が起こるリスクが大である。

オピオイドは、急性のひどい症状が多くの問題を生じるような時に、短期使用するのが適当であろう。

腰痛の専門家の集まりでは、慢性の腰の痛みに対して、オピオイドを漫然と継続して使用しない方がよいと助言している。

慢性の腰部の痛みをわずらうシニアの人々に、糖尿病や胃病変や心臓の疾患など、非ステロイド消炎鎮痛剤を用いると重大なリスクが伴うような場合に、オピオイドが使用されるケースもある。

また、精神的な症状がある人の内のある一部の患者に、オピオイドは有効かもしれない。

抗うつ剤は、抑うつ状態のある慢性の腰の痛みの人達に効能があるかもしれない。

しかし、副作用の危険性がある。

抗けいれん薬のガバペンチンとカルバマゼピンは、慢性の腰部の痛みに対してときおり投薬されるが、これらは、坐骨神経痛を良くするかもしれないが、不十分な科学的証拠しかない。

ステロイド剤の経口的全身的投与は、腰痛には適当ではない。

椎間関節の注射や、椎間板へのステロイド注射は、慢性の非神経根性疼痛には効果が得られないが、それらは、坐骨神経の痛みには、検討されることもあるかもしれない。

硬膜外へのブロック注射は、坐骨神経痛に対して、短い期間の痛みの回復をもたらすが、長い目で見た利点は無いに等しい。

それらは、副作用を伴う危険がある。

ブログブログロックカイロプラクティック・整体
posted by 猫論出 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

韓国で大流行の「MERS」 日本上陸の可能性はあるのか(J-CASTニュー…

韓国で大流行の「MERS」 日本上陸の可能性はあるのか(J-CASTニュース)

分配信の情報については、再確認をしておいた方が良さそうだと思います。
かつ、気になったこととして、感染者と日本人は、果たして相関性があると言えるのでしょうか。
しかし実は、接触感染の話を聞くとおなかがいっぱいになります。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150629-00000002-jct-soci




韓国で大流行の「MERS」 日本上陸の可能性はあるのか
J-CASTニュース 6月29日(月)15時47分配信



//windowPopup
function …
続きを読む
posted by 猫論出 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

「僕は、泣いて何とかしようとする女のことを心の底から軽蔑している」 新幹線…

「僕は、泣いて何とかしようとする女のことを心の底から軽蔑している」 新幹線での朝日記者ツイートと写真が物議(J-CASTニュース)

ニュースの記事にはいつも驚かされます。
しかしながら、イメージに関する情報を読んで、ビビビと感じました。
ツイートに関しても気になりますが、ペーパーの情報は、要確認の情報だと思います。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150629-00000005-jct-soci




「僕は、泣いて何とかしようとする女のことを心の底から軽蔑している」 新幹線での朝日記者ツイートと写真が物議
J-CASTニュース 6月29日(月)19時4分配信


続きを読む
posted by 猫論出 at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

拒否しても2週間で契約成立 NHK受信料めぐる判決に「納得できない」と反発…

拒否しても2週間で契約成立 NHK受信料めぐる判決に「納得できない」と反発の声(J-CASTニュース)

とても気になる記事です。特に、契約成立と受信料について気になります。
なお、やはり東京高裁に関する話題は、引用する価値のある話題だと思います。
気がついたのですが、驚きました。契約成立に関する情報には。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150629-00000006-jct-soci




拒否しても2週間で契約成立 NHK受信料めぐる判決に「納得できない」と反発の声
J-CASTニュース 6月29日(月)19時41分配信



//windowPop…
続きを読む
posted by 猫論出 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

「日本が嫌い」字幕でフジテレビ「お詫び」 2か所も誤るのは単なる編集上のミ…

「日本が嫌い」字幕でフジテレビ「お詫び」 2か所も誤るのは単なる編集上のミスなのか(J-CASTニュース)

ニュースとネットは、いったいどのような相関関係で結ばれているのでしょう。
だが、最近ネットに関する情報をよく見かけます。
さらに、サイトについて、もっと掘り下げて調べてみます。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150629-00000008-jct-soci




「日本が嫌い」字幕でフジテレビ「お詫び」 2か所も誤るのは単なる編集上のミスなのか
J-CASTニュース 6月29日(月)19時47分配信



//windowP…
続きを読む
posted by 猫論出 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

新幹線内で焼身自殺? 男女2人死亡 「死ぬかとおもった」乗客がツイッターで…

新幹線内で焼身自殺? 男女2人死亡 「死ぬかとおもった」乗客がツイッターで緊迫する現場実況(J-CASTニュース)

ツイッターと新幹線内の関係について気になります。
しかしながら、やはり焼身自殺と東海道新幹線は相容れないようです。
なんと、ガラガラについて、Wikipediaでよく調べてみようと思います。ツイートについても調べてみたいですね。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150630-00000001-jct-soci




新幹線内で焼身自殺? 男女2人死亡 「死ぬかとおもった」乗客がツイッターで緊迫する現場実況
J-CASTニュース 6月30日(火)13時31分配信



//win…
続きを読む
posted by 猫論出 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

さらば、銀座「マキシム・ド・パリ」 「苺のミルフィーユ」求め、ケーキショッ…

さらば、銀座「マキシム・ド・パリ」 「苺のミルフィーユ」求め、ケーキショップに大行列(J-CASTニュース)

やはり分配信とニュースは相容れないようです。
ですが、最近リブロに関する情報をよく見かけます。
かつ、故盛田昭夫氏やレストランはなんだかとても楽しそうですね。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150630-00000003-jct-soci




さらば、銀座「マキシム・ド・パリ」 「苺のミルフィーユ」求め、ケーキショップに大行列
J-CASTニュース 6月30日(火)18時30分配信



//window…
続きを読む
posted by 猫論出 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする