2015年07月03日

ニュースについて考える

excite忍者Googleぎっくり腰のような姿勢に起因する急な激しい痛み。

対処法には、まず傷めた場所を冷やすことが必用である。

このことはギックリ腰以外の急性筋肉疾患でも同じだが、冷やすことで傷めた部位の炎症の悪化を抑え込み炎症部位の悪化(痛み・腫れ)を最大限に小さく抑える有益な処置ですのでできる限り速やかに冷却した方が対処の効果も高く痛みもより少ない。

急性期を過ぎた後は、今度は出来るだけゆっくりと温めて血流の流れを良くすると筋の回復も早くなる。

腹圧を高めるコルセット装着も効果的であります。

脚の痺れ・感覚鈍麻・歩行困難などが現れるような時は、椎間板ヘルニア等の可能性もある為に病院での検査が必要である。

寒冷療法。

寒冷療法は、本国では、一般に使用されています。

症状を伝える神経線維は、冷やされて機能の低下が起こり、症状をあまり伝えなくなる。

また冷却により炎症の反応が押さえ込まれ、疾患部位の浮腫が回復し、腫れによる神経の圧迫が改善し、しばらくの間症状は減少する。

しかし、ギックリ腰などの急性腰痛は、原因が特定できない場合ではあっても通常は何もしなくても治るもので予後のよい腰の痛みであります。

炎症の反応などは通常の防衛反応で、そうした通常の修復の過程邪魔しない方がよい事があります。

寒冷により、血管壁は収縮し、血流は低下し、虚血を引き起こし、体の組織は正常の機能が果たせなくなる。

そして、さらに発痛物質が放出されます。

寒冷障害により、急性腰痛は、治りが悪くなり悪化し、慢性の腰部の痛みとなる可能性があります。

後述のように、米国の腰痛ガイドラインは、腰部の痛みに対して、寒冷療法を推奨していない。

支持療法(コルセット、腰ベルト)。

世界保健機構WHOの腰痛イニシアティブは、次のように述べている。

「コルセットなどを長期にわたって使うと骨粗鬆症を発症させ、ウエスト周り筋肉を弱くさせる。

疼痛を我慢できるようになれば直ちにコルセットを外さなければなりません」。

NICEは、以下のように言っている。

「コルセットなどの支持器具が非特異的腰痛の治療に効果的だという医学的根拠はほぼ無い為NHSの治療法として提供されるべきではない」。

ヨーロッパ委員会は、腰の支持器具(コルセットなど)を、非特異的腰痛の治療法に使用することを、すすめていない。

また以下のように、米国のガイドラインも推奨していない。

整形外科による治療。

運動療法。



体操、水泳、ジョギング、散歩 、マッケンジー法。

痛みが激しい時は運動しないこと。

ブログブログブログカイロプラクティック・整体
posted by 猫論出 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ニュースについて考える

ココログMARUTAGoogleぎっくり腰のような姿勢に起因する急な激しい痛み。

突然の腰の痛みの対処には、すみやかに傷めた部位を冷やすことが重要です。

これらは急な腰の痛み以外の急性筋肉疾患でも似ているが、冷やすことで傷めた部位の炎症の悪化を防いで炎症箇所の膨張(腫れ・痛み)を最大限に少なくする有効な手当ですのでできる限りすみやかに冷却した方が効果も高く症状も少ない。

急性期をのりきった以降は、今度は出来るだけ時間をかけて温めて血流の流れを改善すると筋繊維の回復も早くなる。

腹圧を高めるコルセット装着も効果的です。

下半身の痺れ・感覚の鈍磨歩行困難などが現れるような場合では、椎間板ヘルニア等の可能性もある為に病院での診察が必要である。

寒冷療法。

寒冷療法は、本国では、普通に行われている。

症状を伝達する神経は、冷やされて機能の低下が起こり、症状をあまり伝達しなくなります。

さらに冷やすことにより炎症の反応が押さえ込まれ、損傷部位の浮腫が良くなり、浮腫による神経圧迫が減少し、暫くの間痛みは減少する。

しかし一方で、ギックリ腰などの急性腰痛は、原因が決定診断できない場合ではあっても大半は何もしなくても治癒するもので予後の良い疾病です。

炎症反応などは通常の防衛機能で、そうした通常の回復の過程じゃましない方が良い時があります。

寒冷により、血管壁は収縮し、血流は減少し、虚血を起こし、身体の組織は正常の機能が果たせなくなります。

そして、さらに痛み物質が放出されます。

寒冷障害により、急性腰痛は、遷延して悪化し、慢性的な腰部の痛みとなります。

次のように、米国の腰痛ガイドラインは、腰部の痛みに寒冷療法を推奨していない。

支持療法(コルセット、腰ベルト)。

世界保健機構WHOの腰痛イニシアティブは、以下の ように述べている。

「コルセットを長期使うと骨粗鬆症を発現させ、腹部の筋肉を弱くさせる。

痛みを我慢できるようになった時点ですみやかにコルセットをとらなければなりません」。

NICEは、以下のように述べている。

「コルセットなどの支持器具が非特異的腰痛の治療に役立つという証拠はあらかた無いので、英国国民保健サービスの治療として提供されるべきではない」。

ヨーロッパ委員会は、腰の支持器具(コルセットなど)を、非特異的腰痛の治療に使うことを、すすめていない。

また下記のように、米国のガイドラインも推奨していない。

整形外科による治療。

運動療法。



体操、水泳、ジョギング、散歩 、マッケンジー法。

痛みが強い時は運動禁止。

ブログブログブログカイロプラクティック・整体
posted by 猫論出 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ニュースついて…

HatenaココログGoogleぎっくり腰のような姿勢に起因する急な激しい痛み。

対処法としては、一番に患部を冷却することが重要になります。

この様なことは急性腰痛以外の急性筋肉疾患でも同様だが、冷却することで炎症の亢進を防いで炎症箇所の亢進(腫れ・痛み)を出来る限り小さくする効果的な手当ですので出来る限り速やかに冷却した方が治療効果も高く痛みもより少ない。

急性期をのりきった以降は、次は、出来る限りゆっくりと温めて血流の流れを良くすると筋の治りも早くなる。

腹圧を高めるコルセット装着も効果的である。

脚の痺れ・感覚鈍麻・歩行困難等が見受けられるようなケースでは、椎間板ヘルニアなどの可能性もある為に病院での診察が必要であります。

寒冷療法。

寒冷療法は、本国では、広く使用されています。

痛みを伝える神経は、冷やされて機能低下が起こり、疼痛をあまり伝達しなくなります。

さらに冷却により炎症の反応が押さえ込まれ、損傷部位の浮腫が回復し、浮腫による神経圧迫が改善し、しばらく痛みは小さくなる。

しかし一方で、急性の腰痛では、原因が特定できない場合ではあっても、本来は予後のよい病気である。

炎症の反応などは通常の防衛機能であり、そうした普通の修復過程を邪魔しない方がよい時がある。

寒冷により、血管は収縮し、血液の流れは減少し、虚血を引き起こし、体の組織は本来の機能が果たせなくなります。

そして、さらに発痛物質が放出される。

寒冷障害により、急性腰痛は、治りが悪くなり悪化し、慢性の腰部の痛みとなる可能性があります。

後述のように、アメリカの腰痛ガイドラインは、腰部の痛みに対して、寒冷療法を推奨していない。

支持療法(コルセット、腰ベルト)。

世界保健機構WHOの腰痛イニシアティブは、以下の ように述べている。

「コルセットを長期使用すると骨粗鬆症を発症させ、腹部の筋肉を弱らせる。

疼痛を我慢できるようになれば早めにコルセットを外さなければなりません」。

英国国立医療技術評価機構NICEは、後述のように述べている。

「コルセットなどの腰の支持器具が非特異的腰痛の治療に効果的だというエビデンスは総じて無いので、英国国民保健サービスの治療法として行われるべきではない」。

ヨーロッパ委員会は、腰痛の支持器具(コルセットなど)を、非特異的腰痛の治療に用いることを、推奨していない。

また下記のように、米国のガイドラインもすすめていない。

整形外科による治療。

運動療法。



体操、水泳、ジョギング、マッケンジー法。

痛みが強い時は運動してはいけない。

ブログブログブログカイロプラクティック・整体
posted by 猫論出 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

知らなかったニュース

HatenaココログGoogleぎっくり腰のような姿勢に起因する急な激しい痛み。

急性の腰痛の対処として、真っ先に傷めた場所を冷やすことが肝心です。

このことは突然の腰痛以外にも急性筋肉疾患でも同様だが、冷やすことで傷めた箇所の炎症の悪化を抑え込み疾患部位の亢進(腫れ・疼痛)をなるべく小さくする有効な処置ですのでできるかぎり速やかに冷却した方が処置の効果も高く痛みもより少ない。

急性期をのりきった以降は、次は、出来る限りゆっくりと温めて血流を改善すると筋肉の治りも早い。

腹圧を上げるコルセットなどの使用も有益である。

脚の痺れ・感覚の鈍磨歩行困難などが現れるような時では、椎間板ヘルニア等の恐れもある為に病院の検査が必要である。

寒冷療法。

寒冷療法は、わが国では、普通に使われている。

痛みを伝える神経線維は、冷却されて機能の低下が起こり、症状をあまり伝達しなくなります。

また冷却により炎症反応が押さえ込まれ、患部の浮腫が良くなり、腫れによる神経の圧迫が減少し、暫く疼痛は減る。

しかし、急性腰痛は、原因が決定診断できない場合ではあっても、通常は何もしなくても回復するもので予後の良い疾病であります。

炎症の反応などは正常の防衛機能であり、そのような正常の回復の過程邪魔しない方が良い時がある。

寒冷により、血管壁は収縮し、血流の流れは低下し、虚血を起こし、身体の組織は正常の能力が果たせなくなります。

そして、さらに痛み物質が放出される。

寒冷障害により、急性の腰痛は、遷延して悪化し、慢性的な腰の痛みとなる可能性があります。

下記のように、アメリカの腰痛ガイドラインは、腰部の痛みに寒冷療法を推奨していません。

支持療法(コルセット、腰ベルト)。

WHO世界保健機構の腰痛イニシアティブは、以下の ように述べている。

「コルセットを長期間に使うと骨粗鬆症を発現させ、腹部周り筋力を弱体化させる。

疼痛を我慢できるようになったら、直ちにコルセットを取り外さなければならない」。

NICEは、以下のように言っている。

「コルセットなどの腰の支持器具が非特異的腰痛の治療に役立つというエビデンスは総じて無い為英国国民保健サービスNHSの治療法として提供されるべきでない」。

ヨーロッパ委員会は、腰の支持器具を、非特異的腰痛の治療法に用いることを、すすめていない。

また下記のように、米国のガイドラインもすすめていない。

整形外科による治療。

運動療法。



水泳、ジョギング、散歩 、マッケンジー法。

痛みが強い時は運動しないこと。

ブログブログブログ頭突キング
posted by 猫論出 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ニュース

楽天AmebaGoogleぎっくり腰のような姿勢に起因する急な激しい痛み。

急性の腰の痛みの対処には、一番に傷めた場所を冷やすことが重要になります。

これらはギックリ腰以外の急性筋肉疾患でも同様だが、冷却することで損傷部位の炎症の悪化を抑えて疾患部位の拡大(腫れ・疼痛)を出来るかぎり小さく抑える有益な手当てであるので、できるかぎり速やかに冷やした方が治療効果も高く痛みもより少ない。

急性期を過ぎた後は、今度は出来る限り長い時間温めて血流を良くすると筋繊維の回復も早い。

腹圧を上げるコルセット装着も有益である。

脚の痺れ・感覚の鈍磨歩行困難等が現れるような場合は、椎間板ヘルニアなどの恐れもある為に医療機関での診察が必要になります。

寒冷療法。

寒冷療法は、わが国では、普通に行われています。

症状を伝える神経線維は、冷やされて機能低下が起こり、疼痛をあまり伝えなくなります。

また冷やすことにより炎症の症状が押さえ込まれ、局所の腫れが良くなり、浮腫による神経の圧迫が改善し、しばらくの間疼痛は小さくなる。

しかし一方で、急性腰痛は、原因不明の場合ではあっても本来は自然に回復するもので予後のよい腰痛である。

炎症反応などは通常の反応であり、そうした正常の回復の過程邪魔しない方がよい時がある。

寒冷により、血管壁は収縮し、血流の流れは減少し、虚血を起こし、身体の組織は本来の機能が果たせなくなる。

そして、さらに痛み物質が放出されます。

寒冷障害により、急性の腰部の痛みは、治りが悪くなり悪化し、慢性腰痛つなる可能性もある。

次のように、アメリカの腰痛ガイドラインは、腰痛に対して、寒冷療法を推奨していない。

支持療法(コルセット、腰ベルト)。

WHO世界保健機構の腰痛イニシアティブは、以下の ように述べている。

「コルセットを長期に使うと骨粗鬆症を出現させ、腹部周り筋力を弱くさせる。

症状を我慢できるようになれば早目にコルセットをはずさなければならない」。

英国国立医療技術評価機構NICEは、次のように述べている。

「(腰の支持器具が)、非特異的腰痛の治療に役立つという医学的証拠はほぼ無いため英国国民保健サービスの治療として提供されるべきではありません」。

ヨーロッパ委員会は、腰の支持器具を、非特異的腰痛の治療法に使うことを、薦めていない。

また以下のように、米国のガイドラインも推奨していない。

整形外科による治療。

運動療法。



体操、ジョギング、散歩 、マッケンジー法。

痛みが強い時は運動禁止。

ブログブログブログカイロプラクティック・整体
posted by 猫論出 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする