2015年07月02日

気になるニュース

楽天gooGoogle

非特異的腰痛の治療。

活動障害の場合。

安静にする・投薬・コルセット等の症状に対する処置が大半であります。

マッサージや柔道整復も療法として世間では広く認知されている。

安静。

安静にするのは必ずしも良い対処法とはいえません。

急な腰痛に対し症状は痛みに対応して活動状態を確保する事は、ベットでの安静より腰の病状を減らし、機能を改善させるのに効果的である。

職業による腰痛に症状の出方に対して活動性を保持することは、より早期の腰の症状の回復につながり、休業期間の削減とその後の再発症を防ぐのにも効果的です。

運動。

痛みがある状態でも運動を行ってみる。

脳細胞から末梢へ下行性の抑制が作用する。

トレーニングによって腰の痛みが回復します。

運動療法には抑うつ作用も期待できます。

運動やトレーニングにはストレッチ(関節可動域訓練)、筋肉トレーニング(筋力増強訓練)、正しい姿勢保持がある。

腰部の痛みでは、腹筋と背筋を鍛えることが有効。

トレーニングの効果は、全ての腰痛ガイドラインで最も高いエビデンスがある。

教育。

腰痛に対する教育(情報提供)も大切である。

「身体の運動性を維持し、運動をさせ、多く休まずに、作業を続けるように」とアドヴァイス受けると、腰の痛みの予後は回復する。

ブログブログブログみるい熊
posted by 猫論出 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

知らなかったニュース

YahooGoogle

非特異的腰痛の治療。

活動障害の場合。

安静・投薬・コルセットを使用する当の対症療法が普通です。

また、鍼灸や柔道整復も療法としては一般的に広く認知されている。

安静。

安静にさせるのは必ずしも良い療法とはいえない。

急性の腰痛に対して症状や痛みの出方に対応して活動状態を継続することは、ベットでの安静を継続することよりも病状を減少し、運動機能を回復させるのには効果的です。

職業による腰痛に対して、症状は痛みに対して活動状態を継続することは、さらに早期の腰の痛みの改善につながり、休養期間の短縮と以後の再発を防ぐのにも効果的です。

運動。

痛みがある状態でも平行して運動をする。

脳細胞から末端へ下行性の抑制が作用する。

運動療法で腰の痛みそれ自体が改善します。

トレーニングには抑うつ作用も見込めます。

運動には、ストレッチ(関節可動域訓練)、筋力トレーニング(筋力増強訓練)、背骨の正しい生理的湾曲を保つ姿勢保持があげられます。

腰の痛みでは、腹筋と背筋を鍛えることが有効です。

運動やトレーニングの有効性は、ほとんどの腰痛指針で最も高い証拠がある。

教育。

腰痛に対する教育(情報提供)も有用である。

「身体の活動性を保持し、運動療法をし、多く休養せずに、作業を持続するように」とアドヴァイス受けると、腰痛の予後は回復する。

ブログブログブログカイロプラクティック・整体
posted by 猫論出 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ニュースのことを知る

HatenaAmebaGoogle

非特異的腰痛の治療。

活動障害の場合。

安静・投薬・コルセットで腰を固定等の症状に対する治療が大半であります。

また、鍼灸や柔道整復も腰痛治療としては一般には広く認知されている。

安静。

安静は必ずしもベターな治療とは言うことはできない。

突然の腰痛に対して痛み方対応して活動性を継続する事は、ベッド上安静を継続することよりも症状を軽減し、腰の機能を改善させるために有効である。

仕事による腰痛に対して、痛みに対して活動性を確保することは、さらに短時間の腰の症状の回復につながり、休業期間の削減とその後の再発を防ぐのにも有効です。

運動。

痛みがあっても運動をする。

脳細胞から末端へ下行性の抑制が作用する。

トレーニングにより腰の痛みが改善します。

運動には抑うつ効果も見込める。

運動には、柔軟のようなストレッチ(関節可動域訓練)、筋肉トレーニング(筋力増強訓練)、体の正しいバランスを保つ姿勢保持があげられます。

腰の痛みでは、腹筋・背筋を鍛えることが有効です。

運動やトレーニングの有効性は、全ての腰痛ガイドラインで最も高い科学的根拠がある。

教育。

教育(情報提供)も有用です。

「体の活動性を継続し、トレーニングなど運動を行い、あまり休まずに、作業を持続するように」と助言を受けると、腰部の痛みの予後は回復する。

ブログブログブログ画像
posted by 猫論出 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ニュースのことを考えよう

YahooGoogle

非特異的腰痛の治療。

活動障害の場合。

安静にする・投薬・コルセットを使用するなどの症状に対する処置が大多数であります。

それ以外にも鍼や灸や柔道整復も腰痛の治療としては世間では広く認知されている。

安静。

安静は必ずしも好ましい治療とはいえません。

ギックリ腰のような突然の腰痛に対して痛みや症状の出方に応じて活動状態を確保することは、ベットでの安静でいることよりも腰部の痛みを減らし、腰の機能を改善させるのに有益である。

職業性腰痛に対して、痛みに対して活動性を継続することは、さらに早期の症状の回復につながり、休養期間の節約と後の再発予防にも有益です。

運動。

痛みがある状態と平行して運動療法を行ってみる。

脳から末梢へ下行性の抑制が働く。

運動療法により痛み自体が改善します。

運動には抑うつ効果もあります。

トレーニングには柔軟のようなストレッチ(関節可動域訓練)、筋力トレーニング(筋力増強訓練)、身体の正しいバランスを保つ姿勢保持があげられます。

腰痛では、腹筋や背筋を鍛えるのがベスト。

トレーニングの作用は、ほぼ全ての腰痛ガイドラインで最も高い証拠がある。

教育。

腰痛にたいする教育(情報提供)も必用です。

「体の活動性を継続し、運動療法を実行し、あまり休まずに、仕事を持続するように」とアドバイスを受けると、腰痛の予後は回復する。

ブログブログブログカイロプラクティック・整体
posted by 猫論出 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

知らなかったニュース

yaploglivedoorGoogle日本での腰痛のガイドライン。

我が国のガイドラインでは、下記の様態を危険な様態としている。

※腰痛の発症する歳が20歳未満、あるいは50歳以上。

※時間帯や動作に関係の無い腰の痛み。

※胸部痛。

※がん、ステロイド治療、HIV感染の既往。

※栄養失調。

※痩せてくる。

※広範囲にわたる神経症状。

※構築性脊椎変形(猫背など)。

※発熱。

検査レッド・フラッグの兆候がある時や、良くならない神経学的な病状が継続する時や、ひどくなる病状がある場合には、画像検査を受けるのがベストである。

特に、がんや感染や馬尾症候群が疑われる時には、なるべく早くMRIやCTの検査をするのが推奨される。

椎間板の疾患を見つけるには、CTよりMRIの方が多少優っている。

脊柱管狭窄症を診断するには、両方とも有用です。

また2、3の身体的な検査が有用である。

椎間板ヘルニアでは、多くの患者の場合下肢伸展挙上検査が陽性となります。

腰部椎間板造影は、症状のひどい腰部の痛みが持続する時に、腰痛の痛みの元の原因となりえる椎間板の障害部位を発見するのに有効です。

椎間板の造影同様に神経への麻酔の注射(神経ブロック)的な治療的手技が、痛みの箇所を決定診断することを目的で使われることがある。

前述のように椎間関節への注射、変形硬膜外注射、仙腸関節への注射を、決定診断する目的で検査として利用するのを支持するいくつかの臨床結果などがある。

その他の検査、例えば側彎症の検査、筋力低下の検査、神経反射の減弱の検査などは、ほとんど使用されない。

腰部痛の訴えは、病人が、病院を訪れる最も多い病状のうちの一つである。

多くの腰の症状は、症状は、2、3週間程度ほどしか継続せずに、自然に消える風に見える。

医学会のアドバイスによれば、現病歴と診断所見が、腰部の痛みの原因部位となる特定の障害の存在を暗示しなければ、エックス線写真やCT検査やMRI検査は不必要である。

患者さんは、CT検査やMRIによる画像診断を望むこともあるが、レッドフラッグの所見が無いようであれば、それらの検査は不必要である。

決まりきった手順としての画像検査は、コストがかかり、疾病を良くする効果の見込めない外科手術をされる可能性が強くなり、 浴びるエックス線が細胞に悪い効果を及ぼす。

痛みの原因を決定できるのは、画像診断の1%以下に過ぎない。

画像検査は、症状に関係性の無い異常部位を探しだして無意味な別の検査をさらに受けるように患者を仕向け、患者さんを不安にする。

しかし、そうは言うものの、米国のメディケアの統計によれば、1994年から2006年までの12年間に、腰のMRI画像検査の検査を受けた回数は、300%以上、拡大した。

ブログブログブログ画像
posted by 猫論出 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ニュースについて考える

楽天gooGoogle日本での腰痛のガイドライン。

日本での指針では、以下の様態を危険信号としている。

※腰痛が発症する歳が20歳より下または50歳以上。

※時間帯や体の動きに関係無い腰痛。

※胸部痛。

※癌、ステロイドホルモン治療、エイズ感染の既往。

※栄養失調。

※痩せてくる。

※広範囲にわたる神経症状。

※構築性脊椎変形(猫背など)。

※発熱。

検査レッド・フラッグの症状が見受けられる場合や、あるケースや、改善されない神経学的な病態が続く事例や、悪化する痛みがある場合には、画像検査を受けるのがベストである。

特に、がんや感染や馬尾症候群が疑われるケースでは、なるべく早くMRIやCTの検査をすることがベターである。

椎間板の疾患を診断するには、CTよりMRIの方が少々優れている。

脊柱管狭窄症を診断するには、両者とも有用であります。

また2、3の身体的な検査が有用である。

椎間板ヘルニアでは、多くの患者で下肢伸展挙上検査が陽性になる。

腰部の椎間板造影検査は、症状のひどい腰部の痛みが続くケースに、腰部の痛みの元の要因となりえる椎間板の損傷を探し当てるのに有用です。

椎間板造影同様に神経への麻酔の注射(神経ブロック)的な治療的手技が、痛みの要因の箇所を発見する為に使用されることがあります。

前述のように椎間関節注射、変形硬膜外注射、仙腸関節注射を、診断するために検査として使用することを支持する証拠がある。

それ以外の身体的検査、例を上げれば側彎症の検査、筋力低下の筋力検査、神経反射の低下の検査などは、ほとんど使用されることはない。

腰部痛の訴えは、病人が、病院を訪れるとても多い疾病.の中の一つです。

大半の腰の症状は、痛みは、2、3週間ほどしか継続せずに、ひとりでに無くなるように見えます。

医学学会のアドバイスによれば、既往歴と診察結果が、腰部の痛みの要因となるある特定の障害の存在を暗示しないのならば、エックス線検査やCT検査やMRI検査は必用無いのである。

医療機関に訪れる患者は、CTやMRI検査による画像検査を願い出ることもあるが、レッドフラッグの所見が認められない場合は、これらの検査は不必要である。

決まりきった作業のCT検査やMRI検査は、経費がかかり、病気を改善させる効用の無い外科手術をされる可能性が大きくなり、身体に浴びる放射線が体の細胞に悪い効果を及ぼす。

痛みの要因を決定診断できるのは、画像診断検査の1%以下に過ぎない。

画像診断検査は、腰痛の症状と関係ない異常部位を見つけ出して不要な別の検査をさらに受診するように患者を仕向け、患者さんを不安にする。

しかし、そうは言うものの、アメリカのメディアの統計の結果では、1994年から2006年までの12年間に、腰部MRI画像検査の件数は、300%を超え、拡大した。

ブログブログブログ頭突キング
posted by 猫論出 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

気になるニュース

excite忍者Google日本での腰痛のガイドライン。

日本の指針では、下記の状態を危険な信号と警告している。

※発生歳が20歳より下あるいは50歳以上。

※時間や動作に関係無い腰痛。

※胸部痛。

※癌、ステロイド治療、エイズ感染の既往。

※栄養不良。

※痩せてくる。

※広い範囲に及ぶ神経症状。

※構築性脊椎変形(猫背など)。

※発熱。

検査レッド・フラッグの症状が見られるケースや、改善しない神経学的な容態が続く時や、悪化する痛みがある場合には、画像検査を受けるのが好ましい。

特に、がんや感染や馬尾症候群が疑わしい時は、すみやかにMRIまたはCTの検査をするのが好ましい。

椎間板の疾患を発見するのには、CTよりMRIの方がやや優っている。

脊柱管狭窄症を診断するには、両者とも有益です。

また2、3の身体的な検査が有益である。

椎間板ヘルニアは、たいていの患者で下肢伸展挙上検査が陽性となる。

腰部椎間板造影は、激痛の腰の痛みが継続する場合に、腰部の痛みの元の要因となりえる椎間板を発見するのに有効です。

椎間板の造影同様に神経ブロックに類似する治療的手技が、要因の所を決定診断することを目的で使用されることがある。

前述のように椎間関節注射、変形硬膜外注射、仙腸関節への注射を、診断的な検査として利用するのを支持するいくつかの科学的根拠がある。

その他の検査、例を上げれば側彎症の身体検査、筋力低下の筋力検査、神経反射の減弱の検査などは、ほとんど使われない。

腰部痛の訴えは、患者が、医療機関を訪れるとても多い病状の中の一つです。

大半の場合、痛みは、2、3週間程度ほどしか継続せずに、自然に無くなるように見える。

医学学会のアドバイスでは、現病歴と診断所見が、腰の痛みの原因となるある特定の疾患の存在を暗示しなければ、レントゲンやCT検査やMRI検査は不要である。

患者は、CTやMRI検査による画像検査を願い出る時もあるが、レッドフラッグの兆候が無いケースでは、そうした検査はいらないのである。

ルーチンのCT検査やMRI検査は、費用がかかり、疾病を良くする効用の見込めない外科手術をされる可能性が強くなり、 身体に浴びる放射線が細胞にネガティブな影響を及ぼす。

腰の痛みの要因を断定できるのは、画像診断検査の1%以下である。

画像検査は、腰痛の症状と関係ない異常箇所を見つけ出して不必要な別の検査をさらに受けるように患者を仕向け、患者を不安な気持ちにする。

アメリカのメディアの統計の結果では、1994年から2006年までにの間に、腰部MRI検査の検査を受けた件数は、300%以上、増大した。

ブログブログブログアトピー
posted by 猫論出 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする