2015年02月20日

日本赤軍

 1977(昭和52)年のダッカ日航機乗っ取り事件をめぐる超法規的措置で出国後、米国で収監され、先月釈放された日本赤軍メンバー、城崎勉容疑者(67)を乗せた航空機が20日午後3時19分、成田空港に到着した。警視庁公安部はインドネシアで発生した日本大使館襲撃事件をめぐり、現住建造物等放火未遂容疑で逮捕する。

 逮捕容疑は86(昭和61)年5月、インドネシアの首都・ジャカルタで日米両大使館に迫撃弾が撃ち込まれた事件で、迫撃弾が発射されたホテルの一室に発火装置を仕掛け、放火したなどとしている。

 公安部によると、証拠隠滅を図った可能性があり、室内からは城崎容疑者の指紋を発見。公安部は現地の捜査当局と協力して捜査を進める一方で平成4年、国外犯規定に基づき、国際手配していた。カイロプラクティック
posted by 猫論出 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする